前澤友作氏がロシアのソユーズMS-20で国際宇宙ステーションに行く訓練を開始

Space Adventures/TASS
 前澤氏は世界で8番目、日本で最初の宇宙旅行者となる。

 億万長者の実業家、前澤友作氏が、2021年12月に宇宙船ソユーズMS-20で国際宇宙ステーション(ISS)へ向かうのを前に、訓練の準備に入った。スペース・アドベンチャーズ社が発表した

 「スペース・アドベンチャーズ社は(…)前澤友作氏が所定の健康診断に合格し、国際宇宙ステーション行きのミッションの準備を始めたことを発表した。彼と関連会社役員の平野陽三氏は2021年12月8日にロシアの『ソユーズMS-20』に搭乗してバイコヌール宇宙基地から飛び立つ予定だ」と発表文には記されている。 

 宇宙滞在期間は12日だ。ソユーズMS-20の操縦はロスコスモス(ロシアの国営宇宙公社)の宇宙飛行士アレクサンドル・ミスルキン氏が担当する。飛行前の3ヶ月間の訓練はモスクワ州のガガーリン宇宙飛行士訓練センターで6月に始まる。

 スペース・アドベンチャーズ社は2001年に最初の宇宙旅行者が宇宙に行って以来ロスコスモスと協力している。2019年2月、ロスコスモスとスペース・アドベンチャーズ社は新たな契約を結び、2021年末までに一機の宇宙船で2人の宇宙旅行者をISSに送ることになっていた。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる