ソ連の道路を綺麗にしていた清掃車と散水車(写真特集)

Anatoly Garanin/Sputnik
 ソビエト時代のレトロな路面清掃車と散水車をご覧に入れよう。

 ソ連の街路や公共空間を清掃する任務は自治体に任せられた。彼らが使った清掃車は、その外見から、しばしば愉快な(時に翻訳困難な)名前を付けられた。

 清掃設備はたいてい普通のトラックの車体に取り付けられた。

 こうしたトラックの一つがPU-2で、GAZ-AAトラックをベースにしていた。この車が、以後登場するソビエト公共清掃トラック・シリーズの基礎になった。 

 冬には除雪車として用いられた。

 初期のPU-2は後部に大きくて広いブラシがあり、側面から小さなブラシが突き出ていた。しかし、この構造には短所もあった。トラックは重すぎ、運転が難しかったのだ。そのため、1938年にはPU-5に更新された。

 すべてのブラシを同じ大きさにすることで、車両の重量を減らし、速度と操作性を上げることに成功した。

 ソ連は1945年から1946年にかけて新車両のPU-7を約40台製造した。

 1936年にはすでにYAG-4トラックの車体をベースにしたPM-4散水車が登場していた。

 前面に2本、側面に2本、計4本のノズルに加え、給水タンクを搭載していた。

 1944年7月17日には、敗北したドイツ兵が行進した後のサドーヴォエ環状通りをPM-4が清掃した。

 次第にノズルも改良されていった。散水効率が向上し、均等に水を撒けるようになった。

 PM-4は冬期には除雪車として用いられた。

 新型のPM-6散水車はZIS-5トラックをベースにしており、1945年にモスクワの街に現れた。長方形の給水タンクとポンプ、3本のノズルを搭載していた。

 一方、レニングラード(現サンクトペテルブルク)ではこの車が使われていた。

 GAZ-51をベースにしたPU-20散水車は1950年代に現れた。

 この車は5本のノズルと3本のブラシ(両脇に1本ずつと後部に1本)で道を清掃した。速度は平均で時速9~20キロメートルであり、最高速度は時速40キロメートルだった。

 続いて1960年代にはGAZ-52-02トラックに搭載できるPU-53が登場した。

 PU-53は散水ブラシ清掃システムと2つの交換可能なゴミ収集コンテナから成った。

 吸引ホース付きのブラシを持つ黄色いVPM-53トラックは、さながら車型の掃除機だった。

 MP-10は1950年代に現れた。バンパーに2本、側面に1本の散水ノズルが付いていた。

 1970年代、新世代の散水車が現れた。ZIL-130をベースにしたこの車両はPM-130と名付けられた。外見が現代風になり、操作性も向上した。

 PM-130は幅15~18㍍の道路を清掃できた。

 1970年代末から1980年代初めにはKO-304、KO-309、KO-002が導入された。

 ちなみに、現在のロシアではこんな車両が使われている。

ソビエト時代のトロリーバスの写真を見るにはこちらからどうぞ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる