ソ連の自動車の宣伝に起用された女性たち(写真特集)

 ソ連では自動車製品の広告は必要なかった。というのも、自動車を買うには、順番を待つために申請し、数年間待てばよいだけであったからだ。しかしながら、国家は自動車の宣伝に力を入れ、いくつかのモデルは国外にも輸出された。

ザポロジェツ 

ザポリージャ自動車工場で製造された軽自動車ZAZ-966(愛称ザポロジェツ)。1970年
ZAZ-965の広告。1960–1963年
ZAZ-966Bの広告。このモデルは国外に輸出された
ZAZ-966Bの広告。1966–1972年
「ザポロジェツ」ZAZ-968の広告

VAZ

VAZ–2101「ジグリ」の広告。ヴォルガ自動車工場で製造された初のモデル。愛称「コペイカ」
VAZ–2101
ステーションワゴン、「ジグリ」VAZ–2102の広告
セダンVAZ–2103はフィアット124をモデルに設計された。輸出用の名称はLada 1500
Lada–110(VAZ–21012)のイギリス向け広告
オフロードカーVAZ–2121、Lada 「Niva」の広告。現在も大人気の不滅の自動車
Lada 「Niva」
ハッチバックVAZ–2109「スプートニク」(愛称ヂェヴャトカ)の広告。1987年に初登場した

モスクヴィチ 

ソ連の小型軽自動車「モスクヴィチ–408」。1964年9月から1975年12月にかけて、モスクワのMZMA(AZLK)工場で製造された
「モスクヴィチ」–408の広告。1964年
「モスクヴィチ」–408の広告。1964年

GAZ(ヴォルガ)

軽自動車「ヴォルガ」GAZ–24。ゴーリキー自動車工場
GAZ–21K「ヴォルガ」のドイツ市場向け広告
「ヴォルガ」GAZ–24の広告
GAZ–24「ヴォルガ」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる