テーマパークになったロシアの映画のセット10選(写真特集)

 これらの中世風の城、高い塔や石畳の道は映画撮影のためにつくられたものだが、今では観光客やインスタグラマーの間で人気を博している。

1. ピルグリム・ポルト

 モスクワ州北部にあるシネマ・パーク、ピルグリム・ポルトを訪れるとまるで中世ヨーロッパの町に迷い込んだようだ。ここはテレビの歴史ドラマ「The Secret Service Agent’s Memories (シークレット・サービス・エージェントの思い出、2011年)」のために18世紀の英国を再現させたものだ。古い町並みや通りに加えて、公開処罰のための広場、牢獄、巨大な海賊船などが出現している。すべては壁板に描画されているのだが、まるで本物に見える。 

2. モスフィルム映画スタジオ

 モスフィルム映画スタジオのセットは、モスクワ南西部にあり、市の中心からそれほど遠くない。ここには古いモスクワやサンクトペテルブルクの家々のセットが組まれており、映画「アンナ・カレーニナ(2017年)」「ドクトル・ジバゴ(2005年)」「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火(2012年)」など、多くの映画がここで撮影された。ただし、ここを訪れるにはモスフィルムのホームページから観覧ツアーに申し込む必要がある。 

3. ゴールキ・レーニンスキエの屋敷 

 「レーニンの丘」と呼ばれる、かつて貴族の邸宅であったこの場所は、ボリシェヴィキ指導者ウラジミール・レーニンの終焉の地として知られている。今は公園になっており、映画「フューリアス(2017年)」「ハンティング・ザ・デビル(2017年)」のセットがつくられた。ここに来れば、12世紀から20世紀のさまざまな時代のロシアの街並みを体験することが出来る。 

4. サライ・バトゥ

 ロシア南部のアストラハン州に「サライ・バトゥ」という中世の町が再現され、映画「Horde(大群、2011年)」が撮影された。観光客はここで放牧民の生活を追体験したり、石弓にトライしたり、拷問部屋を見たり、ラクダに乗ったりもできる(!)。実際13世紀〜14世紀に、この場所から遠くないところにキプチャク・ハン国の首都であった同じ名前の実在の町があった。そこでは遺跡発掘がされ、今では博物館となっている。 

5. ラボチェオストロフスク

 カレリア地方の小村、ラボチェオストロフスクは白海の畔に位置していて、ソロヴェツキー諸島に行く途中に立ち寄るのにちょうど良い場所だ。この村で一番の見どころは古い東屋と橋で、パーヴェル・ルンギン監督の映画「島(2006年)」の撮影に使われた。廃棄された兵舎は教会となり、古い木造のはしけ(おそらくソロヴェツキー収容所の囚人によって残されたもの)はその隣に置かれた。そしてこの光景はもはやラボチェオストロフスクの一部となっている。

6. 映画「The Last Knight」のセット村

 ロシア民話に出てくる英雄を主人公にした映画の村がモスクワ州北部につくられた。ここには光り輝く塔の可愛らしい家やテレムがある。窓にはアンティークな装飾がされており、昔ながらのロシア式暖炉を見ることが出来る家もある。

7. スダクの映画セット

 ソ連映画や現代の映画の多くはクリミアで撮影され、この半島のあちこちにセットが保存されている、スダク近くにあるセットは2004年に映画「Live Fish(生きた魚)」のためにつくられた。このセットは、完成することはなかったが、最終的に、多くの観光客が訪れる場所となった。この映画はモロッコやトルコの集落からヒントを得た、アフタマンの町を舞台にしている。今日、この場所は、今では滅んでしまった古代中央アジアの町のようである。

8. バイキング映画のテーマパーク

 クリミアのシンフェローポリとアルシタの間にある歴史的なテーマパークとなっているこの場所は、映画「バイキング(2016年)」の舞台である。ここは、中世のスカンジナヴィアの町を忠実に再現しており、市場広場、水車小屋、鍛冶屋、食堂などがある。今ではここは地元の人や観光客に老若男女問わず人気がある。

9. カザン近郊の映画村

 グゼル・ヤヒナ著の有名小説「Zuleikha Opens Her Eyes (ズレイハは目を開いた、2015年)」が2020年に映画化された。物語は、1930年代のシベリアの村、セルムルクで始まる。この映画のセットはカザン近郊にある。司令官の家、兵舎、食堂、ナイトクラブなどがカマ川の川岸につくられた。

10. ロストフ州の灯台

 2017年、映画「The Lighthouse Keeper (灯台守、2019年)」のセットがメルジャノヴォ村につくられた。この特別につくられた村には、いくつかの木造家屋や高い灯台がある。この映画の関係者は、観光客のためにこのセットを残し置くことにし、今では、ドライブイン映画館や展望デッキ、カフェ、驚くほど美しい湾を見渡せるユニークなブランコなど自慢の施設がある。そしてここはインスタグラマーにとってもっとも素晴らしい場所のひとつとなっている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる