モスクワの今と昔:インスタグラマーが写真で歴史を蘇らせる

@nowandthenrussia
 あるインスタグラムのページではモスクワのいろいろな場所の過去と現在の姿が並べて紹介されている。中には、それが同じところだとはとても思えない場所もある。

 歴史に夢中の22歳の写真家、ピョートル・ポスマコフのインスタグラム「nowandthenrussiaにはすでに5万人以上ものフォロワーがいる。19世紀終わりから20世紀始めに撮られた写真と、同じ場所の現在の様子をコラージュした投稿が人気を呼んでいるからである。彼は、建物や道路、人々がどのように変化していったのかをアニーメーション技術を使って見せたりもしている。

クレムリン:1908年と2021年(イリインカ通りからの眺め)

赤の広場: 1913年と2021

聖ワシリー寺院:1913年と2021年

スレテンカ通り: 1901年と2021

レビャジー横丁: 1913年と2021

ヒトロフ横丁: 1900年と2021

1900年代のポニゾフ屋敷と現在の姿

アールヌーボー様式が時代遅れになり、1910年代に新しい所有者が装飾を変えた

ヤウザ川にかかるアンドロニコフ高架橋の過去と現在

ノヴィンスキー並木道: 1958年と2021

ソビエト政権によって破壊された生神女福音大聖堂とその跡に建てられた「建築家の家」

スターリン様式建築のひとつ、外務省ビルの1955年と現在 

スモレンスカヤ通り: 1913年と2021

ザチャチエフスキー修道院: 1920年代と現在

オストジェンカ通りの横丁: 1910年代と現在

スタロサツキー横丁: 1913年と2021

ミャスニツカヤ通り: 1912年と現在

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる