パネル住宅がロシアの象徴となったのはどうしてか

Konstantin Kokoshkin/Global Look Press
 このような画一的な住宅街がロシアのあらゆる都市の郊外で同じように見られるようになった。ロシアではどうしてこのような気分が落ち込ませるような建物ばかり建設されたのだろうか?

 これらの写真を見て欲しい。ひとつはムルマンスクで撮られたもの、そしてその他はモスクワとウラジオストクだ。この3都市は何千キロも離れているのにもかかわらず、ソ連時代に建設された住宅は瓜二つだ。そしてこのような現象はロシアや旧ソ連の各都市で見られる。どうしてロシアでは陰鬱なパネル住宅がつくられたのだろうか?

ムルマンスクのパネル住宅

不必要なものは何もない!

 ロシアの都市では、100年の間に大規模な変化が起こった。それまでの何100年間、ほとんどの国民は農村部に住んでいた。しかし、1930年代の工業化の波とそれに続く第二次世界大戦によって、ロシアの都市人口は急激に増えた。1917年当時の都市人口は全体のわずか17%だったが、1950年代にはほぼ50%にまで増えた。この急速な増加によって、新しい住宅の建設は喫緊の課題となった。そこでソ連は、大量住宅建築技術の実験を繰り返し、標準パネル住宅に行きついた。そこで、カリーニングラードからウラジオストクにいたるまで住宅が画一的で見分けがつかないものになってしまったのである。

モスクワ

 パネル建築は、ソ連が開発したものではなく、第二次世界大戦以前からドイツ、オランダ、フランスで建設されていたものである。しかしながら、この技術を完成させたのはソ連だ。

 1954年になると、ソ連の新指導者ニキータ・フルシチョフは、スターリン建築に代表される新しい建築物について、建設費が高すぎると言って鋭く批判した。そして共産党大会で20年以内に住宅不足問題を解消し、すべての家庭が自分のアパートをもちろん無償で所有できるようにすると宣言した。

ウラジオストクのパネル住宅

 そして、新しい住宅建設のためにすべての力が注がれた。そして出来上がった住宅は「フルシチョフカ」と呼ばれるようになった。建築家はこれらの住宅を10パターンほど設計したが、ほとんどが5階建てで、(高額なため)エレベーターはなく、小ぶりの台所がついたものだった。レンガを使って建設されたのもあったが、もっとも一般的なのは鉄筋コンクリートのパネル製のものである。多くの都市で、このパネルを製造する工場がつくられ、それで輸送費も大幅に削減された。工期はひとつの住宅をつくるのに2週間しかかからないので、10年も待たずに、ソ連の4分の1の家庭が自分のアパートを持てるようになった。バラックや共同住宅にずっと住まなくてならないと思っていた人たちの興奮はどのようなものであっただろうか!

実験的パネル住宅

実験的パネル住宅

 典型的パネル住宅の中には、さまざま理由から大量生産に至らなかった実験的な住宅もいくつかあった。サンクトペテルブルクに、1955年に建設された「試作フルシチョフカ」が残されている。それは、大きな台所、高い天井を持ち、今後より広まるだろうと考えられていたが、フルシチョフはコストが高いことから、それ以降に建設された住宅はより慎ましやかなものになった。

 ブリヤート共和国の首都ウラン―ウデのパネル住宅には民族的な装飾が加えられている。

ウラン―ウデのパネル住宅

 永久凍土帯につくられた町では、すべての家屋は建物から出る熱で地面が融けないように支柱の上に建てられている。北方の町では、家屋はカラフルに塗られ、町に生気を与えている。

ノヴォシビルスクのレーニンスキー区

「フルシチョフカ」の改良版

パネル住宅地区の中に残った古家

 1960年代終わりごろまでには、パネル住宅「フルシチョフカ」はフルシチョフの後継者レオニード・ブレジネフの名を取った「ブレジネフカ」に取って代わられた。技術の発達により、この頃には、安価な9階建て、12階建て、16階建ての住居用パネル建築が可能になり、エレベーターやダスターシュートがついたより大きなアパートがつくられた。

 この技術によって、低コストながら安全で耐久性のある建物が可能となった。まもなく、このようなパネル住宅がモスクワ、サンクトペテルブルクや他の都市の新興開発地で見られるようになり、どこの住宅街も区別がつかなくなってしまった。1986年にミハイル・ゴルバチョフは、2000年までに、すべての家庭が自分のアパートを持てるようにすると約束したが、ソ連崩壊により、国家が無料で住居を与えるというシステムは終焉を迎えた。

 それにもかかわらず、ロシアの都市住民の4分の3は高層アパートに住んでおり、ほとんどの建物は同じソ連時代に建設されたものである。都市計画の専門家はこのような暗い住宅街に住むと、気分が落ち込み、精神的に問題があると指摘している。

現代のロシアではどのような住宅が建設されているか?

 今では大都市においては、住宅の選択肢は大きく広がっている。きれいな外観で地下駐車場を備えている美しい建物もある。しかし、このような建物のほとんどは、ロシアの一般家庭にとっては、手が届かないほど高価である。

 しかし、人々の予算内で購入できる住宅地のアパートは、今でも、パネル建築かパネル建築とモノリシック建築の混合建築である。典型的なこのような住宅地は、何百万の家庭の住宅問題を国が解消するのに適した、安価な方法で建設されている。欠点は、国中の都市の郊外部が気分の落ち込むような景色になっていることである。

モスクワ南にある住宅地「Zilart」

 今、郊外部には、「チェロヴェイニクス(蟻塚ならぬ人塚)」と呼ばれる小さな部屋のアパートが立ち並んだ巨大な住宅地がつくられている。もちろん、外観は近代的であるが、住民密度はとても高い。ひとつの住宅コンプレックスには何千もの世帯が詰め込まれている。昔のフルシチョフカでも100世帯以下であった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる