ソ連時代を象徴する写真30選

 エマヌエル・エヴゼリヒンはソ連の主要な通信社であったタス通信のカメラマンとして、長年さまざまな写真を撮った。スポーツチームの少女たち、パレード、飛行士、ソ連の子どもたち、モスクワの夏のカフェ、缶詰のピラミッド、前線・・・。エヴゼリヒンは、ユニークな撮影の技法と世界への眼差しで名を馳せた。中でも秀逸の作品を厳選した。

槍投げ選手、1937年
休み時間の生徒たち、1930年
鉄棒の上の少女、1930年代
幼稚園、1930年代   
「死ぬまで耐えよう!」、1944年
東洋の女性たち
飛行士、ウラジーミル・コッキナキ、1937年
街の朝       
赤の広場でのスポーツパレード
モスクワ防衛隊、1941年
噴水「子どもの輪舞」(スターリングラード攻防戦後)
「ディナモ」スタジアムでのスポーツパレード 
バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤ
体操選手の子どもたち  
前線にて
シューホフ・タワー
彫刻「櫂を持つ少女」
食品店「エリセーエフスキー」
建設中のモスクワ大学を背景にした幼稚園
赤の広場での軍事パレード
「象を連れて・・・」
全ソ連農業博覧会
戦後初のモスクワ大学での講義
練習するペルミ市バレエ学校の生徒たち

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる