ソ連の「スボートニク(勤労奉仕)」(写真特集)

 なぜ、ソ連市民は休日にシャベルや熊手を手に外に出たのか?

 雪かき、ゴミ掃除、落ち葉掃き、植樹や花壇植え。現在、こうした活動は市政府やエコ活動家の仕事になっているが、ソ連時代は春になると必ず、ほぼ全員、外に出て、家の周り、学校や大学の周りをきれいにするため、こうした勤労奉仕をしなければならなかった。この勤労奉仕は「スボートニク」と呼ばれた。というのも、こうした作業は公式的には休日であった土曜日(スボータ)に行われたからである。

 最初、これはボランティアであった。人々は皆の福祉のために熱心に勤労した。作業に参加したくない人たちは、怠け者だと後ろ指をさされた。しかし後に、スボートニクは強制的なものとなり、学校の生徒たちは放課後に学校の周りを清掃しなければならなかった。

 最初のスボートニクが始まったのは新たなソ連国家が樹立されたばかりのときで、積極的に宣伝された。1920年4月1日から5月1日にかけてはいわゆる「赤い労働月間」が実施された。

 ちなみに、スボートニクは現在も行われているが、かつてのように大規模なものではなく、専ら自発的なものである。

「はい、笑って!」、スボートニクに参加するモスクワの高等教育機関の学生と教師たち、1975年
ポスター「皆、スボートニクに参加しよう!」
ポスター「ピオネールと学生の皆さん!街や村での新たな庭づくりを手伝いましょう!わたしについてきてください!」、1955年
ニコライ・スィソエフ、クレムリンのスボートニクで働くウラジーミル・レーニン、複製
鉄道でのスボートニク、ペトログラード、1919年
泥炭地でのスボートニク、1920年
スボートニクでの集合写真、1932年
ウラル地方にて、金の採掘を行うスボートニク、1935年
スボートニクに参加する兵士たち、1950年代
住宅地の緑化を行うスボートニク、1958年
スボートニクで、地区の清掃をする子どもたち、1959年
スボートニクで勤労する極東のシホテ・アリンスキー国立生物圏保護区の職員たち、1960年代
チタ市のスボートニク、1960年代
モスクワのスボートニクで建設作業をする人々、1960年代
春のモスクワ、通りでのスボートニク、1963年
モスクワのスボートニク、広場に植樹する生徒と教師、1964年
「スターリングラードの戦いの英雄」の記念碑を背景に行われるスボートニク、1969年
全ソ連共産党スボートニク、1970年
クレムリンをバックに全ソ連共産党スボートニクに参加するホテル「モスクワ」の職員たち、1970年
ヴォログダ州でスボートニクに参加する凝集プラントの職員たち、1971年
モスクワの軍事病院の敷地内でのスボートニク、1971年
春に植樹する生徒たち、1972年
モスクワの通りで、第50回共産党スボートニクに参加する学生たち、1969年
「大きな熊手はどこ?」 1975年
レーニン共産党スボートニクに参加するタジキスタン共和国の人々、1978年
スボートニクに参加する工場の技師たち、1981年

寮のそばで植樹するモスクワ大学の学生たち、1984年

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる