ソ連時代の大吹雪(写真特集)

 ロシアはもうずっと昔から、雪と酷寒の国として知られている。しかし最近では、気候変動によって、冬もそれほど厳しいものではなくなりつつある地域もある。以下はソ連の写真家ユーリー・サドヴニコフが1960年代にサハリン島で撮影したもので、ソ連時代はいかに吹雪がいかに厳しいものであったかを伝えている。

吹雪から顔を守るフェイスシールドをつける女性たち

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる