雪に覆われたロシア―その美しい景色(写真・動画特集)

Kirill Shipitsyn/Sputnik
 雪に覆われた木々、人の背丈ほどもある雪の塊、マイナス50℃の外気。2020年の終わりの雪のロシアを映したもっとも雰囲気ある写真をご紹介しよう。

 2020年の最後の月、ロシアの多くの地域で雪が降った。11月の半ばにはシベリアのスキーリゾート地シェレゲシは、山スキーのシーズンの幕開けと同時に、雪に覆われた。  

 12月末には、極北の都市の一つ、ノリリスクも雪に埋もれた。

 雪の山には、まるでプールのように、助走をつけて飛び込むことができる。地元の人々はこれを楽しんでいる。

 降雪のため、11月26日から12月3日まで、ノリリスク空港への道は閉鎖された

 11月末、モスクワとモスクワ州も雪に見舞われた。

 11月、極北ムールマンスク州のテリベルカ村にも雪が降った。観光客たちは、凍てついた朝焼けを目にすることができた。

 ムールマンスク州の小さな建物は完全に雪に覆われた。

 126日から7日にかけて、ロシア北東のマガダンにも雪が降った。この記事を書いている128日、地元の清掃人はまだ雪かきを終えられずにいる。

 プリモリスク地方の国立公園に暮らすアムールヒョウも初雪に大喜び。

 127日、ヤクーチヤの村の一つ、オイミャコンでは気温がマイナス50℃に。学校が休校になるのはマイナス52℃以下のときと規定されているため、この日は登校日。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる