ソ連のファッションショー(写真特集)

 ソ連ではファッションにも統制があった。ソ連のファッション・ハウスは定期的に新たなコレクションを発表し、その後、その洋服が大量生産された。もっとも、それはかなり形が変えられたものではあった。

ファッション・ショールーム、1950年代

 ソ連のファッションは新たな国の誕生とほぼ同時に始まった。その主な目的は、国内に縫製産業を作り出し、人々に安価で質の良い衣服を保証し、さらに美というものを忘れないようにすることであった。

女性の洋服のファッションショー、1955–1963 

 最初のファッション・ハウスがモスクワに作られたのは1920年代の終わり頃から1930年代にかけてのこと。モスクワのアトリエを基礎にしたもので、有名なデザイナーで、「ロシアのシャネル」と呼ばれたナジェジダ・ラマノワによるところが大きかった。革命前、彼女はロマノフ王朝やモスクワの劇場のための衣装を作っていたが、ソ連時代には大量生産するための洋服のデザインを手がけた。

 ちなみに多くの共産党員の夫人らが彼女にデザインをオーダーした。ソ連初のファッション・ハウスはラマノワの弟子たちが運営した。中でももっとも有名だったのはモストルグ・ファッション・ハウス(1933)、「モスベリヨー」(1934)、「モスシヴェイ」(1938)であった。

コレクションについて話し合うファッション・ハウスのデザイナーたち、レニングラード、1977年1月26日

 1936年、国内で初めて、イラストではなく、写真と型紙が付いたファッション雑誌が出版されるようになった。しかもこうした雑誌はファッション・ハウスで作られていた。 

全ソ連ファッション・ハウス。モデルはナタリヤ・コンドラシナ、エレーナ・イゾルギナ、リリアナ・バスカコワ、レギーナ・ズバルスカヤ、ミーラ・ロマノフスカヤ、1965年

 ソ連でもっとも有名なファッション・ハウスは大祖国戦争の末期に、モスクワ中心部のクズネツキー・モストにオープンした。ここでは、当時もっとも有名なソ連のモデルたちによるファッションショーが行われ、若くて才能のあるデザイナーたちが活躍していた。その中には、今なお人気を保っているヴャチェスラフ・ザイツェフも含まれていた。

デザイナー、ヴャチェスラフ・ザイツェフとモデルたち、1965年

 クズネツキー・モストのファッション・ハウスは500以上の縫製工場のためにコレクションを考案し、流行に関する芸術家らのコメントをつけた公開ファッションショーを企画した。コレクションにデザイナーの名前が記載されていることはあまりなく、多くの場合は、「ファッション・ハウスのデザイナーチーム」と記された。

チュメニ・ファッション・ハウスのホールで行われた新コレクション「春80」のショー、1980年

 戦後、ファッション・ハウスは全国で(キエフ、レニングラード、ミンスク、リガ、チュメニ、ノヴォシビルスク)、集中的に作られるようになり、ファッションショーは、文化会館やスーパーなどでも開かれた。

ファッションショーの舞台裏にいるヴャチェスラフ・ザイツェフ、1966年

 モスクワのファッション・ハウスは1年に2度、コレクションを発表した。1つ目は産業用で、地域のデザインハウス向けのもの、そして2つ目は外国で行うファッションショー(ソ連の共和国の特徴を取り入れたもの)とソ連のエリートを対象にしたものであった。

レニングラード・ファッション・デザイン・ハウス、新コレクション「春1965」の発表

 ファッション・ハウスで洋服を買うことはできなかったが、そこでは自分でその洋服を作るための型紙が売られており、それを求める人々の行列ができていた。

デザイン・コレクション、モスクワ、1987年

 デザイナーたちが考案したモデルを基にして、工場では大量生産のための洋服が製造された。ただし、若干の違いがあった。

パネル住宅のそばで行われたファッションショー、ノヴォクズネツク、1987年

 裁縫工場では裁ち方も装飾品も簡素化された。また布も安価なものが使われたため、ソ連市民に大喜びされるものではなかった。

花柄のブロケード製のイブニングドレス、アルバート通りのファッション・ハウス、1989年

 モスクワを中心としたデザイン・ハウスのシステムはソ連崩壊まで機能していた。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる