ロシア最初の女性運転士、アニメで性差別と戦う

Sofia Dorofeeva
 ロシアで女性が就くことが禁じられている職業の数は456種にも及ぶ。政府は2021年1月までに、この数を98にまで減らそうと計画している。そしてこの女性は、それでも残る制限に戦いを挑んでいる。

 「わたしが列車運転士になると決めたとき、家族はこれに反対しました。話し合いもし、喧嘩もしましたが、時間が経つにつれて受け入れてくれました。そして今では、わたしの決断を喜んでくれています」。ソフィヤ・ドロフェーエワさんは誇らしげに言う。

ソフィヤ・ドロフェーエワ

 彼女は女性としてロシアで初めて列車運転士の資格を得て、大学を卒業した。それが可能となったのは、法律によって定められている性別と職業に関する制限を緩和されるからである。

 現在のところ、女性には大変危険であるとして、456種もの職業に就くことが禁じられてきた。ロシア政府がこの制限を設けたのはおよそ20年前だが、2021年1月にそれを緩和しようとしている。

 そんなわけで、ソフィヤ・ドロフェーエワさんは、これまで制限されていた列車運転士という職業に、女性として初めて就くことになる。

 男性に独占されていた世界での新たなキャリアに向けての夢や喜び、また同時に恐ろしさを彼女はアニメに描いた。

 ソフィヤさんがこの職業を選んだ理由だが、彼女ははじめ芸術作品の対象として列車に興味持ったのだそうだ。そして列車の絵を描いているうちに、列車に乗って遠くへ旅することにロマンを感じるようになった。

 ソフィヤさんは夢に向かって努力を続けつつ、インスタグラムにアニメのイラストを投稿し始めた。彼女はアニメで自分自身を経験豊かで自信たっぷりな運転士の姿で描いたのである。

 彼女は学年でただ一人の女子学生であったが、学生生活はとても楽しく、女性だからと差別を受けることもなく、逆に職員たちや仲間の学生たちから多くのサポートを受けたという。

  「大学やインターンシップの期間、周りにいた人たちはわたしにとてもよくしてくれました。わたしのことを知っている人は、わたしが意志が強く、責任感のある人間だということを分かってくれたと思います。だから、可能な限り助けてくれようとしたのではないでしょうか」とドロフェーエワさんは話す。

 インスタグラムに投稿すること以上の芸術的な野心は持っていないと彼女は言うが、興味を持ってくれている人のために、新しい作品ができれば投稿を続けるつもりだという。今まで女性であるという理由で閉ざされていたキャリアに向かって努力をしている人たちを勇気づけることが出来るかもしれないからだ。

  「列車に関する仕事で女性にとって無理だと思われるものは何もありません。これ(女性が就くことができない職業の存在)はとても不公平だと思います。女性の健康や生殖機能への既成概念や偏見のためにそのような制限があったのでしょう。しかし今の世の中に、そんなものは必要ありません。誰もが自分の健康や肉体的な能力、家族形成について自分自身で責任をもって管理していく権利があるのです」。ドロフェーエワさんはこう語っている。

 2021年にこの新しい法律が施行されると、ロシア中の女性が新しい権利を得ることになる。列車、船舶、トラックの操縦や運転を職業にできるようになるのである。しかし、それでも女性が就くことが許されない職業がいくつか残る。たとえば、女性の生殖機能に危険を及ぼす化学薬品を扱う会社での仕事である。また、鉱夫、航空機整備士、消火活動に直接携わるような職業にも就くことは許されないままとなる。

20世紀のロシア女性の画像を見たいならこちらからどうぞ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる