ロシア版TikTokのチャレンジ6選

Russiandeadpool,RASA,mariakiseleva/tiktok.com
 ダンスチャレンジから美に関するステレオタイプを一掃するというトレンドまで、真似してみたくなるロシアのTikTokでもっとも人気のチャレンジ。

1. #Девочкакоторуютыотшил(あなたが振った女の子)

 学校時代、男の子に振られたことのあるロシア全国の女の子が自分の昔の写真と最近の写真を較べる。かつてのクラスメートだった男の子たちは爪を噛んで悔しがること間違いない。

2. #Ямогувоттаквот(こんなことができる!)

 このチャレンジは、「僕はこんなことできる!」と繰り返されるロシアのラッパー、スラーヴァ・マルロウの曲をきっかけに始まった。歌はロシア語版TikTokで一躍人気となり、現在は若い男女が、この歌をバックに、ちょっと変わった技や信じられないほど柔軟な身体、あるいは変身の秘訣や料理の腕前まで、それぞれが持っている稀なる才能を披露している。

3. #Днинедели(1週間) 

 ロシア全国のおしゃれな女性たちが1週間のファッションを曜日ごとに紹介するというもの。残念ながら、現在は自己隔離体制が敷かれているため、今は食料品店に行くための服装にしか使えない。 

 

4. #Яимойидеал(わたしとわたしの理想)

 このチャレンジは、まず自分が理想とする人の写真を映し、その後、自分の写真と比較するというもの。しかし実は多くのロシアの女性たちは、自分たちが崇拝するアイドルにそれほど引け目を取っているわけではなく、理想を目指すのはそれほど難しくないようだ。

 

5. #Рашнкарантинロシアの隔離生活

 このチャレンジはロシアのポップデュエットRASA(夫婦で活動している)の同名の歌から生まれたもので、RASAのヒット曲に合わせ、ロシアにおける隔離体制がどのようなものかを見せるような、独創的で面白おかしいダンスを投稿するというもの。結果的に、ほとんど全員が同じ動きのダンスを踊るようになり、たちまちソーシャルネットワークで人気になった。

 

6. #Ябыникогданевстречался(こんな人と付き合うことはないだろう)

 国籍や身体的特徴による偏見と闘うもっとも寛容なチャレンジ。ロシアの男女が「〇〇な人と付き合うことはないだろう」と書き、なんらかの特徴を書き入れ、それを自分で証明するというもの。 

 「片方の目にガラスが入った女の子とは付き合うことはないだろう」 と書いているのはユーザーの一人、_dewar_さん。

  一方、karinamanukyan_さんは「わたしは身長153センチで虹彩異色症で、色黒で大きな鼻をしたアルメニア人女性と付き合うことはないだろう」と記し、それを証明してみせている。

 そして「わたしはわし鼻の女の子と付き合うことはないだろう」と書いているのはalereyvasilevaさん。

 scrediusさんは、「障がいを持つ22歳の男性とは付き合うことはないだろう」という女の子の気持ちを書いている。 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる