ここにあるのは全てFaceTimeで撮影された豪華な写真!自分で撮影する方法をここで紹介します

ophelia_redkina
 隔離期間中に狂わないようにする方法の一つは、フォトセッションをすることだ。もちろん、リモートで。どうやってやるのだろうか?これを読めばやり方がわかる。

 ロシア人写真家のコンスタンチン・チャラボフは、隔離している人々のためにFaceTimeアプリを使用して人の写真を撮ることを考案し、#facetimephotochallengeというタグを最初に作ったと話している。

 「私は、人々に制限がないことが理解できるように、これらの写真を投稿するのです。国境閉鎖は、何かを作ったり、それを発展させることの妨げにはなりません」と、彼はInstagramに書いた。

 このアイデアを思い付いたのは、アムステルダムからのフライト中のことだった。そのとき彼は、2週間に及ぶロシアでの自己隔離の間に何をするかを考えたのだった。そして数日後、モデルをリモートで撮影するという、彼が考えたことと同じことを彼のイタリア人同業者であるアレッシオ・アリビが始めたのを発見したのだ。

 チャラボフは、これがプロだけのものではないということをアピールしている。写真撮影に必要なことをまとめたガイドを、彼はやってみたい人みんなのために書き留めた。ここに書かれていることは、あなたが写真を撮るために必要なことだ。

1. モデルに同意を取る。彼/彼女がiPhoneを持っている必要がある。iPhoneが新しければ新しいほど、写真の質は高くなる。

2. LiveFaceTimeモードをオンにするように頼む(設定からFaceTimeをonにする)。両者のモードをオンにする必要がある。

3. 電話して、相手のいる場所を見せてもらう。次に、「良いスポット」(撮影するのに適した場所)を見つける。

4. モデルの方のiPhoneを三脚の上に置いたり、本に立てかけたりなどして固定する。前面カメラで撮影するかどうかは問題ではない、チャラボフは話す。

5. モデルに「良いスポット」に立ってもらい、撮る方が指図する。どこに、どのように立つか話すと良いだろう。その前に、どのようなものを着て撮影するか知るために、相手の衣装だんすを見ておいた方が良いかもしれない。

6. どこに移動すればよいかを伝えることには相手の座標から説明することをお勧めする。つまり、「左」というときは、相手にとっての左だ。

7. ライトについて。 FaceTimeはライトでは機能しないため、明るいスポットでは露出オーバーになるため、何もする必要はない。芸術的な形で光を使用したい場合だけは使おう。

8. モデルはカメラを見る方がよい。

 この撮影方法にはすでに支持者がいる。写真を撮られた後のアナスタシア・ドロジジナは以下のように話した。

 「最初は、ある種ナンセンスのようにも思えました。しかし、オンライン通話中、画像、撮影場所、小道具など細部に至るまでスクリーンショットのために計画がなされていました…実際には、全てが非常にクリエイティブで真剣なものであることがわかったのです。最初はただ電話をかけて、スクリーンショットを撮るだけだと思ったのですが、写真を撮る魔法のボタンなのだということに気づきました。すばらしい事実は、このボタンを押すのは私だということです。そして、写真はモデルである私のカメラで作成され、フィルムで送られます。回線の質に関係なく!実際、FaceTimeではないときの撮影よりも良くはないですが、特にモデルが正面のカメラモードをオフにした場合、かなり高品質なものが出来上がります」。

Ну что ж. Сегодня я, как и многие мои коллеги во всём мире, решила адаптироваться к условиям изоляции и провела первую...

Опубликовано Анастасией Дрожжиной Суббота, 4 апреля 2020 г.

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる