コロナウイルスをテーマにしたファッション雑誌のアイデアを思いついたロシアのデザイナー

Artem Ivanov
 友達と一緒にいるあなたたちに送る隔離期間を楽しむもう一つの方法。

 ロシア人デザイナー、アルチョム・イワノフさんはサンクトペテルブルクのボトキナ病院で、友人たちと共に隔離されることとなった。しかし彼は楽観的な気持ちを失ってはおらず、同室の仲間たちの写真を撮影し、「ボトキナ・コロナ・ファッション」というタイトルの想像上の雑誌の表紙のデザインを始めた。そのファッションはかなりスタイリッシュなものとなっている(なんとヴォーグやヴァニティ・フェアよりもオシャレ!)。

 それがどんなものか、自分の目で確かめてみて!

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる