「私は武漢に住んでいますが、これはゾンビの黙示録ではありません」:中国を離れていないロシア人は何を語るか

AFP
 コロナウイルスの流行の影響を受けた中国の武漢市や中国の他の地域でロシア人がどのように暮らし、何を感じているかを尋ねた。

 中国では、新しいタイプのコロナウイルス2019-nCoVによって引き起こされたウイルスにすでに2万人以上が感染している。 ほとんどの患者は、病気の発生地である1100万人人口の中国湖北省武漢市に住んでいる。 12月上旬に最初の感染者が確認され、1月22日に中国当局は武漢の出入りを閉鎖した。 現地には300人のロシア人が残っており、彼らのほとんどは避難を望んでいなかった。

武漢在住のダリア・クズネツォワ:「軍人に会ったことはない」

 私は1年半前にここに引っ越し、勉強しながら生活している。 最初の患者の報告されたとき、私は実際に隣の町にいて、1月23日の夜に戻ることになっていた。 武漢の街に入るとすぐに、武漢は閉鎖され、帰ることはできなくなった。

ダリア・クズネツォワ

 検疫の初期には興奮を感じていたが、今は良くなってきている。人海戦術で、最高の医師、専門家、寄付が武漢に送られ、新しい病院が二つ建設されている。そのことが人々を安心させた。また、市民は家を出て店まで歩いたり、他の用事をしたりする。私たちはマスクを着用し、可能な限りメガネを着用している。帰宅後は推奨されているように、アルコール溶液または消毒剤で消毒をしている。公共交通機関は機能しておらず、自家用車で移動する。タクシーは緊急の場合にのみ使われる。タクシーが必要な場合は、管理事務所に連絡する必要があり、そうすると配車される。

ダリア・クズネツォワ

 武漢のすべての地区にチェックポイントがあるが、それはウイルスの発生前からあるものだ。これは一般的なセキュリティポイントだ。中国の都市のすべてのエリアには、安全を確保するためにそのような方法が使われている。今、私たちの警備員は、オフィスを離れ、私たちがマスクをしているかを確認する。路上には公用車が走り、警察がいるが、軍隊はまだ見ていない。一般的に、この都市はもちろん隔絶されているが、これをゾンビの黙示録と比較するのは間違っている。誰も状況が複雑であることを否定しておらず、通常の武漢は感動的で活気のある都市だが、人々はすべてを理解し、家に居ようとしている。私の意見では、100%正しい情報は、中国のメディアによって公開された公式データだけだ。

 避難に関して、この問題は個人に任されている。 私は病院に二度行った。 友人の医師を訪ねた二度目には、保護マスクをもらった。 武漢の多くの病院では不足しており、私は助けようとしている。 病院には大量に流入しているところもある。

武漢市の風景

温州(発生地から847km)のバレンティン・オヴチンニコフ:「お金がなくなったら、中国の上司に尋ねる」

 私は昨年9月に仕事で中国に移り、武漢に移住しました。ある友人が温州に住んでおり、1月2日から数日間会うことになっていた。 武漢の友人が、どうやら街にウイルスが発生し死んだ人がいるので、ここから離れた方がいいと話した時には、すでにチケットを持っていた。それは12月31日のことだった。そのときは電車に乗って自由に街を出ることができた。

バレンティン・オヴチンニコフ

 症例数は州ごとに異なる。私が現在いる州は湖北省に次ぐ第2位で、ここでは829人が感染している。約800万人が温州に住んでいるが、現在は路上にほとんど誰もいないものの移動に制限はない。スーパーマーケットでは、カフェとバーは閉まっていて、入口のコントロールで温度を測定される。 37.7度あったときは怖かった。 2回目の測定ではすべてが正常で通してくれた。体温が高い場合、最寄りの病院に行くように求められている。もし抵抗すれば、強制的に連れていかれる。

 店には品物がそろっている。 今足りないのは保護マスクだけだ。 マスクを着けずに通りを歩くことはできず、罰金が科せられている。私は十分なマスクとフィルターを持っていない。使い古ししかないため、感染を実際に防ぐことはできない。 必要に応じて、鼻と口をスカーフまたはセーターで隠している。

 誰が病気で誰が病気でないか[すべての患者がウイルスの徴候を持つまでのコロナウイルスの潜伏期間は14日間だ]が明確になり、誰もが流行が終わるのを待っている。中国人自身は冷静で、パニックを起こしていない。私の友人の何人かは、検疫が発表される前に武漢を去ったか、ロシア軍の航空機で避難したが、多くは留まることを決めた。主にお金を使い果たした人々が去った。武漢では、誰も働いていないので、人々は閉じ込められ、給与もない。私は今でも自分が持っている金銭で生きている。お金がなくなったら、上司に尋ねる。私の上司は「ちょっと待って」と言うだろう。ロシア人の温州からの避難はまだないが、私は事の詳細を大使館に伝えた。確かに、私が避難するかどうかはわからない。全員がモスクワに連れて行かれ、そこで14日間隔離されなければならないのだが、私はモスクワの反対側に住んでいる。モスクワからウラジオストクまで9000 kmを帰る必要がある。

深圳(武漢から南に1000 km、香港から30 km)在住のオレシア:「多くの誤報」

 1月20日まで、コロナウイルスについてこの場所では何も聞いていなかった。 当局のSMSから通知があった1月21日に状況は深刻になった。主に推奨されている事項は、マスクを着用して徹底的に手を洗うことだった。

 中国の旧正月の初期には野菜に問題があったが、これはパニックによるものではなく、休暇中に誰も働いていなかったためであり、店への野菜の新しい供給はまったくなかった。

オレシア

 中国の薬局には行列はない。あるのは香港の話だ。香港では、薬局を開く前に人々が列を作る。誰もがウイルスに関するSMS通知が送信された後、在庫全体が旧正月前に売り切れたため、今ではどこでもマスクを購入するのは困難だ。その後、祝日があり、すべての生産が止まっていた。一部の工場は休暇中にも動いて、従業員には高給が支払われ、マスクを製造したが、壊滅的に十分ではなかったため、すべて発生地に行った。

防護服を着ている薬剤師と客、武漢市、2020年2月1日

  一般に、中国には中国語を知らないロシア語話者が多くいるため、多くの虚偽の情報が彼らの間で流通している。ばかげた話だが、どこかで約2000万人が感染したと書かれていた。

 怖い?少しだけだ。私は中国南部に住んでおり、発生地からはほど遠い。しかし、深圳の人口のほとんどが移住者であるという事実で、私たちもリスクにさらされている。多くの人々が休暇後に他の州から戻ってくるが、誰が感染しているか、誰が感染していないかはわからないのだ。しかし、私は避難の必要性を感じていない。一ヶ月検疫の間家で待機するのは簡単なことだ。家にいて、空港や駅の周りに行かない方が良い。

北京(武漢から1150 km)在住のエヴゲーニイ・ツォイ:「チケットの価格がおかしい」

エヴゲーニイ・ツォイ

 私は妻と子供の家族全員を北京に引っ越した。そして私はここでマーケティングと卸売の分野で働いている。私は世界中と同様にインターネット上のウイルスのことを知った。最初は、真剣に受け止められていなかったが、その後心配され始めた。しかし今では、私の意見では、状況は安定しており、パニックはまったくない。誰もがウイルスが沈静化するのを静かに待っている。学校、幼稚園、大学はお休みだ。私たちも仕事に行くことはない。今ではすべてが閉鎖され、正月休みが延長された。

ラッシュアワー中の北京地下鉄、2020年2月1日

 一般的に、私は中国人が非常にうまくやっていることを指摘したい。私たちは彼らに猶予を与えなければならない。北京のロシア語話者はパニックに陥ってはいないものの、恐れてはいる。パニックに陥った人々はすでに中国を離れた。もちろん、メディアで話されることは怖いことだ。出国には問題ない。チケットを購入して出国した。確かに、チケットの価格はおかしい。私たちはメディアの多くを読まないが、(患者と死者に関する)公式情報は、数が少なくないのでおそらく本当だと思う。

 まだ出国するつもりはない。病気になって死ぬ運命にあるなら、母国で死にたい。 「中国にとどまって感染を広めない」と言うロシア人を、誰も責めたくはないが、これを書いている人は皆少し利己的だと思う。自分がその立場になったと思って考えてみよう。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる