なぜロシア人はセックスについて話すことを嫌がるのか

Legion Media
 ロシア在住アメリカ人である私はセックスについて聞いて回り、それで大いに笑ったので、私の発見を共有できたら素晴らしい余暇になるでしょう!

 「ロシア人はセックスについて話さない、でも明かりを消すとベッドで夢中になっている。」これは薄暗いサンクトペテルブルクの午後に散歩中、私の友達が話してくれたことです。

 何か月も経った後、その言葉が私の中によみがえった。私はロシア人たちとセックスについてそれほど多くの会話をしてこなかったし、それによって彼の言ったことは正しかったのだろうという印象を抱いていました。だから私は女性の友人にこう尋ねたのです。「なぜロシア人はセックスについて話さないの?」そうしたら彼女は私を見て笑い、こう言った。「ロシア人が?そんなばかげたこと誰が言ったの?それを言ったのは一人の男性ね。」

 「一人の」

 「ロシア人はセックスについて話をするときに違いはないと思う。先日、私たちが自慰をするときどうやってネコがおなかの上に乗ってくるかについて友達と話をしたの。」

 「ああ…以前に聞いたことはないよ」と私は認めました。

 彼女は肩をすくめて、私に話してくれた。「あなたは男性よね。でも男性だからセックスについて話さないというわけではないと思う。男性は、深く入り込んで自分の倒錯やフェチや失敗について話したくないのだと思う。」

 これは私にとって面白い話だった。だから出かけたとき他の知り合いのロシア人にセックスについて話しているか尋ねてみることにしました。そして確かに、最初に聞いた男性はこう答えたのです。「あまり話さないね。一般的なことは、「ソ連時代にセックスは存在しなかった」ということだね。これは私たちの世代だけではなく、少し下の世代も含めて共通理解になっているよ。」

 ソ連時代にセックスがなかった?これは発見です。だから、このフレーズについて聞いて回わりました。そして分かったことは、これは不完全なもので、完全な引用はこのようになるということです。「ソ連時代にセックスは存在しなかった。でも愛し合っていた。」これはほとんどアメリカの性的内容のCMと似た内容でした。「私たちはセックスをします。でも宣伝はしません。」

 それゆえロシア人はセックスについて話すけど、それを宣伝しないのではないか?これは性別によって異なるのか?もしくは、何か別の要素で話す、話さないの違いが生まれるのか?私はロシア人の同僚たちに考えを聞いて、さまざまな意見があることをわかりました。

これは男性か女性かの問題だ

 私は女性の同僚でサンクトペテルブルク出身のナージャに、ロシア人がセックスについて話をするのかについて聞きました。彼女はこう答えました。「私はある女性の同僚ととても仲良くしていて、そのうちの一人が退職することになった時に送迎会をやったの。いつも通り、何人かは早めに帰ったけど、私と4人の友達は橋が上がって帰れなくなるまでの間外のバーで話をしていて、最終的には性生活について広範な話をしたよ。例えば体位やおもちゃについてね。」

 さらに性別によって違いがあるかを知るために、彼女の夫に、彼の知る男性はどうか聞いてもらうことができました。「彼は言っていたのは、男性はセックスについての冗談をよく言うということ。特に(男性との!)アナルセックスについて。でも、性生活についての有意義な会話はほとんどなされないと言っていました。」

 ナージャもこの違いに興味を持っていて、ある仮説を立てました。「私が予想したのは、30代前半くらいの若いロシア人はセックスについて大っぴらに話すことに抵抗があり、自分のもろいエゴを守るためにジョークという形で話をしている、ということです。」

 私は当初、「おお、ロシア人男性は全然違うのだな」と考えていました。そして、国籍関係なく男性同士で話されたセックスについての有意義な会話があったか思い出そうとしました。でも、あまりなかったのです。

 他の同僚のマリアはこのような説を唱えました。「大きな違いが男女間にあります。女性は自分やパートナーにとってどうしたらより良いセックスができるかについて話します。そして男性はどうやって恋人を手に入れるかについて話すのです。おそらく男性がもっとどうしたらよいものになるかについて話し合ったら、このようなことは変わるかもしれない。」

性教育を受けていないから幼稚な話しかできない

 ロシア人がセックスについて話すかそうでないかについてのよくある回答はこうだ。「えっと、聡明な大人はセックスについて話さない。」これは確かに一理あるかもしれない。しかし、しっかりした大人はセックスについて幼稚な会話はしないが、性教育が不十分なことが理由でロシアにおけるセックスを巡る会話は幼稚なものが多い、とサンクトペテルブルク在住で性教育雑誌『セクソグラフィ』の編集長のユリアは話す。

 「欧米人とセックスやセクシャリティについて会話するのはほんとに簡単なのです。アメリカでセックスについて話すのは、相手が知らない人だったとしても自然なことです。バーやカフェで出会った人と長い時間性教育に関する話題で会話することもできます。これはセックスについての積極的なプロパガンダ活動と多くの性に関する活動家のおかげだと、私は認めざるを得ません。反対にロシアでは、20年か30年前に私たちの両親がそうであったのと同じように、セックスについて話すことに抵抗があるのが普通です。コンドームを買うのに人目を気にしたり、ポルノショップへ行ったことがない人がいるのは、それがロシアでは憚られることだからです。ロシアでセックスの話を振ると、それが大体の人にとって好きな活動なのに、気詰まりに感じたり、きまり悪そうになったりすることがあります。私の古くからの同業者が、最近私の編集する雑誌の目的について尋ねてきたことがありました。彼にとってセックスについて何か書くと言ったらそれはエロ本なのですね。「議論することなんてあるのだろうか。セックスはセックスだ。なぜそんなにはなすことがあるんだ?」と言っていました。そして私は思ったのです。このような質問が出続ける限り、ロシアでまだ私たちのやるべきことが残っていると。」

 そしてここにロシアでは性教育がどのように扱われているかについての大きな違いが見られるのです。今日まで、ロシアの学校で性教育がなされることはほとんどありませんでした。性教育を受けていないことによって、セックスについて話すことが幼稚であるという考えが生まれ、健全なセックスに関する話題を幼稚なゴシップに変えてしまうのです。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる