シベリアで大規模な森林火災 当局は当初消火に消極的だった

ヴァレリー・メリニコフ撮影/Sputnik
 というのも、何百万ヘクタールに及ぶ森林火災を鎮圧するには多額の費用を要するからだ。

 森林火災の波がシベリアとロシア極東を襲った。3万平方キロメートル以上の範囲に燃え広がり、ロシア中心部の多くの大都市も煙に包まれた。それにもかかわらず、社会や政権内では、消火の是非を巡って今なお激しい論争が続いている。

 ロシアのこの地域では定期的に森林火災が起きる。降水不足、雨を伴わない雷、高温、人的要因、他地域からの延焼など、原因はさまざまだ。

 原因はどうあれ、森林火災には共通点がある。火が数千平方キロメートルの範囲に燃え広がり、中には消火活動をしないほうが良いと判断される場合もあるということだ。

 地方当局によっては、人にとって脅威とならない火災の鎮圧は「無駄な」作業と考えているところもある。火元が村や街から何キロメートルも離れており、そこまで消防車両と消防士を送るのに大変な費用と手間がかかるというのが理由だ。

 「この国は広く、人口密度は低い。アクセスが難しい領域も多い」というロシア・グリーンピース火災対策部門のグリゴリー・ククシン部長のを「ナストヤーシチェエ・ヴレーミャ」がウェブサイトに引用している。彼によれば、衛星による火災観察ゾーンはレベル1とレベル2に分けられる。レベル2のゾーンでは、ククシン氏によれば、火事が発見されても消火されない。飛行機やヘリコプターが到達できないからだ。「消火するには遠すぎ、費用がかかりすぎる。経済的に理に適っていないため、地方にはこうした火災を消し止めない権利が与えられている。火災管理の2段階のゾーンを設けることが決まったのは、地方の財政難を考慮してのことだった」とククシン氏は説明する。

 結果として、火災は監視されるが、消し止めたり、延焼を防いだりされない。この決定が正当化されるのは、火災が居住区にとって直接的な脅威とならないからだ。だが皆がこの考え方に賛成しているわけではない。

 いくつかの地方の住人が一度に煙と焦げ臭い匂いの問題に直面することになる。煙が西シベリア、ウラル、沿ヴォルガ地方を覆う。大都市の住民が、地方当局の無為無策を批判する

 「森林火災の面積が大きく、当局が何もしないせず、いつもマスコミが黙っているせいで、居住区の大半がスモッグに包まれ、焦げ臭い匂いが広がる。イルクーツクの人々はマスクを着けている」とインスタグラム・ユーザーのマリア・ブスロワさんは記している

 「この写真では太陽が照っているが、ほとんど見えない。もう一週間以上もスモッグがシベリアを包み込んでおり、この状態は『黒い空』と呼ばれている。今日は子供を連れて外出しないことにした。昨日の晩にかけて煙で喉がイガイガしたからだ。私は恐くなってきた」とケメロヴォのある住民は綴っている

 ソーシャルネットワーク上には、ロシアのさまざまな地域の都市住民からも苦情が寄せられている。

 「Change.org」というウェブサイトには、シベリア全域に非常事態宣言を出すよう求める請願書が掲載されており、本記事執筆時点で83万筆の署名が集まっている。世論の大きな反応によって、地方当局もついに問題に関心を向け始めた。

 7月29日、ロシア非常事態省は火災の火元を特定・鎮圧することを決定したと発表した。消火活動に航空機と人員、費用が充てられ、プーチン大統領は国防省に消火活動への参加を要請した

 だが、人に危険が及ばない森林火災の鎮圧に関する政策が今後見直されるかは見通せないままだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる