ロシアで日本より早くサクラが開花した?!

Getty Images
 日本でもまだサクラの便りが来ていない2月に、日本より北のロシアで、早くもピンク色で可愛らしい春の知らせが届いた。

 日本でも、今年のサクラは、平年より早く咲くところが多いと見込まれている。しかしながら、まだまだ関東でも週末は雪の予想と、お花見を楽しみにする時期は当分先であろう。そんななか、日本より寒いロシアで、先週、サクラが開花したとSNS上で話題になった。

 サクラが開花したのは、首都のモスクワより更に北に位置する、サンクトペテルブルク植物園。インスタグラム上では、この早すぎるサクラを目撃した幸運な人々によって撮影された、ピンク色の可愛らしいサクラの写真がアップされた。

 サンクトペテルブルク植物園は1714年にピョートル大帝の薬草園として開園。その後、外来種の植物が次々に持ち込まれ、20世紀初頭には世界でロンドンのキュー王立植物園に次ぐ規模にまで発展した。第二次世界大戦でコレクションの大半が失われてしまったものの、現在ではかつての美しい姿を取り戻している。

 サンクトペテルブルクの2月の平均気温は氷点下であり、このサクラが咲いたのももちろん温室の中である。同園の副所長によると、このサクラは開花がとても早い品種であり、実は今回のこの時期の開花も珍しいことではないとのこと。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる