ロシアの五大凶悪犯

Getty Images, Panov Alexey/Sputnik, Global Look Press, Pexels
 これらの犯罪者らが起こした身の毛もよだつような事件は、すべて血に飢えた異常な欲望が引き起こしたものだ。さらに、最も残酷な者たちは、自らの犯罪を正義の戦いや人類の浄化と言い張った。

1.アンドレイ・チカチーロ

アンドレイ・チカチーロの裁判

  アンドレイ・チカチーロは、これまでに逮捕された犯罪者の中で最も恐ろしい殺人鬼の一人だ。1982年から1990年まで、彼は50人以上の少女や若い女性を強姦し、残忍な方法で殺害した。成人してから彼は大学で学び、記事を書き、教師として働き、一見ふつうの家庭を持っているように見えた。彼が連続殺人犯になる兆候はほとんどなかった。

  彼は1970年代後半に殺人を始め、その後しばらく静かにしていた。間もなくチカチーロはソ連中のあらゆる街へ出張旅行ができる仕事を見つけた。彼はさまざまな街で標的を探し、凶悪犯罪が同一犯によるものだと勘付かれにくくした。子供を狙う時はたいてい「甘いお菓子をあげる」「映画を見せてあげる」と言って森に誘い込み、強姦して殺害した。しばしば遺体を解体して食べていた。またチカチーロはよく被害者の目を覆ったり抉ったりした。「犯行の間はスカーフであいつの目を覆った。見つめられるのが怖かったからだ」と彼は最初の被害者を殺害した時の心境を明かしている。

  チカチーロは窃盗罪で1984年に投獄されたが、間もなく釈放された。1985年、ソ連当局は殺人鬼を見つけるための作戦を開始した。その時点で彼はすでに約30人を殺害していた。チカチーロは疑いをかけられないよう、捜索隊の一員として活発に活動に参加した。彼がようやく逮捕されたのは1990年のことだった(捜査隊は彼の様子が疑わしいこと、道で子供と仲良くなろうとしていることに気付いた)。チカチーロは当初すべての罪状を否認したが、精神科医のアレクサンドル・ブハノフスキーから質問を受けると態度を変えた。「私は彼に、自分が医者であり、私の目的は彼を助けることだと説明した。私は人に催眠をかけることができるが、その時これは必要なかった。私は彼にすべてを打ち明けられた最初の人間だ。彼は喚き散らし、自分の運命と周囲の人々とを呪っていた」とブハノフスキーは回想している。

 チカチーロ事件の捜査主任だったイッサ・コストエフはこう話す。「私には彼が精神を病んでいるようには思えなかった。供述が二転三転することはあったが、完全に正気だった。彼はインポテンスで、それが原因で彼は凶行に及んだ。(…)」 チカチーロは2年の裁判を経て1994年に処刑された。

2.アレクサンドル・ピチュシキン

 「ビツァの殺人鬼」と呼ばれたアレクサンドル・ピチュシキンは、モスクワのビツァ公園内や周辺で殺人を繰り返した。「最初の殺人は初恋のようで、忘れることができないものだ」とピチュシキンは後に取り調べで述べている。彼が最初に人を殺したのは18歳の時で、被害者は同級生だった。その頃、ソ連中の人々がチカチーロ裁判に釘付けになっていた。ピチュシキンが明かしたことには、チカチーロの「名声」がさらに彼を殺人へと駆り立てたという。荷物の搬入の仕事をし、母親と暮らしていた彼は、2001年に連続殺人を開始した。

  逮捕後のテレビのインタビューで、ピチュシキンは記者の質問に対し自身の恐ろしい犯罪の性質をこう説明している。「なぜ殺したかって? どう言ったら良いだろう……。俺にとっては、殺人のない人生は食事のない人生に等しい。殺しが必要なんだ。俺はあいつらの父親のようなもので、あの世への扉を開いてやったのさ。新しい人生へと導いてやったんだよ。」

  彼は「森で飲もう」と言って現地住民や知り合いを誘い出した。被害者が酔うと、ピチュシキンは彼らを殺害した。彼の決まりの手口は、鈍器で被害者の頭を割り、中に枝や瓶の破片、ごみを詰め込むことだった。ピチュシキンはしばしば遺体を下水管に流した。幸運にも彼から逃げ切った被害者は警察に助けを求め、犯人の素性を特定するのに役立つ情報を提供した。

  彼の被害者のほとんどが成人男性だった。取り調べのさい、ピチュシキンは、被害者の中には、殺される前から自分が殺されることに気付いていた人もいたと話している。ある被害者は、殺されたいという希望を彼に伝えたと言うのだ。ピチュシキンは2006年に逮捕された。彼はある女性を殺害したが、彼女はピチュシキンと会う前に家族に彼の名前と電話番号とを知らせていた。彼は48人を殺害した罪で終身刑を言い渡された。拘置所で彼と同じ牢にいた人物はこう話している。「彼は狂人や精神病患者のようには見えなかった。自意識過剰で、ただ誰かを殺さねばならないということを理解していた。その点を除いて、彼は正気だった。」しかしこの殺人鬼は、獄中生活が始まると、同に牢のクラエフという悪名高いテロリストを怯えさせるようになった。クラエフは自分を他の牢へと移すよう懇願したという。

 3.「学術都市」殺人鬼

アルチョム・アヌフリエフとニキータ・ルィトキンは、イルクーツクのアカデムゴロドク(「学術都市」)地区で育った。いずれも母子家庭だった。彼らは友人の誕生日パーティーで知り合った。引っ込み思案で内向的だったルィトキンは、傲慢な態度で周囲に嫌われていたアルチョムの唯一の友人となった。彼ら2人は「バラバラのプガチョワ」という音楽バンドを組んだ。彼らは自分たちの曲で暴力や殺人を公然と標榜していたが、誰もあまり気に留めなかった。

 彼らはネオナチ組織に参加しようとしたが断られた。「彼らは皆を嫌い、誰が殺されても気にしなかった」からだと裁判で組織の関係者が証言した。間もなく、彼らは毎日のように近隣を回って住民らをハンマーやバット、ナイフで攻撃し始めた。いつも背後から襲い掛かったため、一命を取り留めた被害者も犯人を特定することができなかった。アヌフリエフとルィトキンは主に高齢女性、子供、泥酔者、ホームレスを狙った。彼らはしばしば被害者を虐待し、重症を負わせた。

 新たな犠牲者が見つかった2011年3月以降、警察は地元住民に対し、殺人犯を炙り出すためにどのような手を講じているか説明会を開いた。アヌフリエフとルィトキンは説明会に参加し、警察の助けとなる方法を提案していた。その様子を携帯電話で録画さえしていた。

  結局ルィトキンの叔父が、殺害の様子を映した動画の入ったUSBを発見したことで、彼らは逮捕された。取り調べと裁判の間、アヌフリエフはヒステリックにふるまい、証言を頻繁に変えたり撤回したりした。彼は現在まで無実を主張している。アヌフリエフは終身刑、ルィトキンは懲役25年の判決を言い渡された。

4.アレクサンドル・スペシフツェフ

  スペシフツェフが子供の頃、弁護士の助手だった彼の母親は、よく遺体の写真を家に持ち帰り、息子に見せていた。12歳まで、彼は母親と同じベッドで寝ていた。18歳の時、彼は精神科医にかかった。1991年、彼はある少女と交際を始めたが、彼女が別れを切り出したことを彼は快く思わなかった。スペシフツェフは自室に少女を監禁し、3週間にわたって暴行を加えた。警察が彼女を発見した時には彼女はすでに重体で、病院で死亡した。スペシフツェフは精神疾患と診断され、3年間精神病院に入れられた。1995年に正常と判断されて家に帰されると、彼は殺人を再開した。

  スペシフツェフの母親はしばしば遺体の隠蔽を手伝った。1996年5月、彼は十代の少年6人を家に招き全員を殺害した。「死体は浴室に置いてカーペットで覆っていた。1週間後母が訪ねてきた。翌朝起きると死体がなくなっていた。母が死体をどうしたのかは知らないし、訊きもしなかった」とスペシフツェフは後に語っている。

  スペシフツェフはさまざまな口実で人々を家に招き寄せた。時々、母親や姉が彼を助け、「ふつう」の家族を装った。家の中では、スペシフツェフが手錠でラジエーターにつながれた被害者を苛み、虐待していた。

  「ナスチャを殺した後、隠蔽しやすくするために私たちに死体を解体させた」と犠牲者の一人オーリャは死の間際に病院で語った。「渡されたのこぎりで私たちは死体を切り、ナイフで骨から肉を剥がした。彼は指示するだけだった。肉と骨を犬に食べさせていた。友達のジェーニャと私は解体した死体を浴室に運び、浴槽やトイレのタンクに入れた。母親と姉は一部始終を見ていた。彼女らも現場にいた。それ以外の時には、あいつは私とジェーニャを殴った。彼女の腕と首を折り、彼女の頭を針と糸で縫った。(…)」

  スペシフツェフ家から大音量の音楽が聞こえ、腐臭がすることを不審に思った近隣住民が警察に通報した。だが、ノヴォクズネツクの田舎町ということもあり、警察はあまり注意を払わなかった。結局彼が逮捕されたのは、配管工が定期点検に来たことがきっかけだった。殺人鬼は扉を開けることを拒んだが、配管工は室内に遺体の一部があることに気付き、警察に通報した。彼が何人殺害したのか正確な数は未だ明らかになっていないが、少なくとも20人が犠牲になったと見られる。現在スペシフツェフは精神病棟で監視下に置かれている。母親は13年の懲役刑を終え、釈放されている。姉は無罪判決を受けた。

5.ミハイル・ポプコフ

 この連続殺人犯は、チカチーロやピチュシキンよりも多くの殺人を犯した。ミハイル・ポプコフの事件が恐ろしいのは、それがホラー映画を思わせるからだ。ポプコフはロシア警察に勤務する傍ら殺人を始めた。職場では、彼はとても愉快な好青年と見られていた。ニックネームは「ミーシャ・グウィンプレイン」だった。グウィンプレインとはヴィクトル・ユーゴーの小説『笑う男』の主人公で、口を歪められて永遠の笑いを余儀なくされた人物だ。

  1994年から2000年まで、ロシアのアンガルスク市で20人以上の若い女性が残忍に殺害された。一人を除いて皆酒に酔った状態で殺害されていた。スクリュードライバーやナイフ、バット、ハンマーなどで殴り倒されていた。酔っていなかった一人を除き、全員が殺害される前に強姦されていた。殺害後遺体は解体されていた。事件は2012年まで未解決だったが、数度のDNA鑑定の結果、捜査線上に上がっていたポプコフが犯人であることが分かった。ポプコフは即刻逮捕され、警察に罪を認めた。

  ポプコフは、以前妻に不倫されたのだと話した。自分の子供たちがいたたまれなかったという。しかし、その時から彼は、「品行不良」の女性を「罰する」ことを決めた。警察官としての勤務を終えて車で帰宅する途中、彼は酔った女性を見つけると、家に送ると言って車に乗せた。ポプコフはそれから性交渉を提案し、身を許した女性を殺害した。彼は自分と結びつくいかなる証拠も隠滅するため、自らが起こした殺人事件の「捜査」に参加した。

  終身刑を言い渡された後も、ポプコフは殺人を自白し続けている。「本当の」刑期の開始を先延ばしするためだろう(彼は他の受刑者に殺されることを恐れているのだという)。最終的に彼は80人以上を殺害したと自供している。殺人をやめたのは、性病でインポテンスになったからだという。精神科医は彼の精神が正常だと診断しており、彼の裁判は今も続いている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる