モスクワに打ち捨てられたぞっとする病院の13の写真

Igor Ivanko撮影/Moskva Agency
 ホヴリノ病院は完成されることなく、その不気味な巨大な骸躯は30年もの間、聳え立ち、地元民を怯えさせ、ありもしない話や陰謀論をたきつけている。

 1980年代前半、ソヴィエト当局は、1,300床を擁する国家最大の病院を建設することを決定した。

 建設場所には、当時、病院がなかったモスクワのホヴリノ地区が選ばれた。

 そのデザインについて、テレビゲームのバイオハザード・シリーズに登場するアンブレラ社の星マークに似ていると言う人もいた。

 財政的な問題、または地下部分の工事ミス、いずれかの理由(いまだに不明)によって、建設は1985年に凍結され、やがて完全に閉鎖された。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

#хзб

Публикация от Антон Яковлев (@yak_anton)

 以降、血の気の多い連中がこの危険な建物を探検し始めた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

❌Выхода нет❌

Публикация от Андрей (@andreizanin)

 空っぽのまま打ち捨てられた病院の殻はおぞましいほど不気味で、ここで数多くのおそろしい伝説が生まれた。

 1990年代には、悪魔崇拝をするグループがこの場所で生贄の儀式を執り行い、野良猫、野良犬や人間までもが病院の地下室で殺されているという噂が流れた。

 薬物中毒者、アルコール中毒者、ホームレスがここに屯ろし、不法なパーティーを開いていたという。注射器や割れたガラスなどが床に散乱していた。

 この不気味な灰色の巨大なコンクリートは、多くの殺人事件も目撃してもいる。また、ある片思いに悩んだティーンエージャーが自殺した場所として追悼碑もあった。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

#хзб

Публикация от Dmitry Sorokin (@plague.error)

 冒険好き、そして後にはインスタグラマーらが、神経を刺激するために集まり、完ぺきな恐怖写真を撮ろうとした。

 警備員がいるにもかかわらず、やはり侵入を試みる人はいた。しかし、暗いうえに、危険な階段や空っぽのエレベーター昇降路などのために多くの人が怪我を負った。

 陰謀論者は病院の地下には何層もの秘密研究室があると主張している。

 20181024日、度重なる地元から要請に従い、市当局はついに、この不吉な病院の撤去を開始した。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる