エルブルス山上空の熱気球飛行で記録

Global Look Press

 ロシアのヴィタリー・ネナショフさんは世界で初めて、ヨーロッパ最高峰のエルブルス山の上空を熱気球で飛行した。ネナショフさんはロシア号と名付けられた気球で高度1.8キロまで上昇した。飛行したエルブルス山の西尾根上空の気温はマイナス27度であった。ネナショフさんが今回飛行した距離は合計70キロ。

 地上に降り立ったネナショフさんは「わたしは海面から8,300メートルまで上昇した。記録を打ち立てた!エルブルスで!」とコメントした

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる