ケーキの中のネコ:ネコと食べ物を融合したアーティスト(画像)

Cats In Food
 信じてもらうためには実際に見ていただくしかない。マフィンから飛び出すネコなんてなんだか奇妙にしか聞こえない。ネコと料理を素晴らしい形でミックスさせたクセニヤ・ズマノフスカヤさんのユニークなアートはソーシャルメディアで数千人のフォロワーを獲得している。

 サンクトペテルブルグ出身の若手アーティスト、クセニヤ・ズマノフスカヤさんはその驚くほどキュートなインスタグラムのアートで、人々をほっこりさせている(同時に笑いを誘う)。可愛いクロワッサンと瓜二つのネコ@hosico_cat やふわふわのマフィンみたいなネコ@smoothiethecat、そしてドラゴンフルーツキティ @atchoumthecat。クセニヤさんは有名な(あるいはそれほど有名でない)インスタグラムのネコをパスタやパンケーキ、パイ、キャンディーなどと並べて加工している。

 「わたしはいつも何か面白いものを創りたいと思っていたのですが、あるときネットサーフィンをしているときにCheeto the catというインスタグラムを見つけたのです。このインスタグラムに刺激を受け、ネコと食べ物をフォトショップで融合させたらどうだろうと思うようになりました」。クセニヤさんはロシア・ビヨンドに対し、そう語ってくれた。

 「最初の画像は自分のネコをハンバーガーに入れたものです。それを機に、“Cats In Food”というインスタグラムのページを作りました。すべてはそこから始まったのです」。

 クセニヤさんは「最初のユーザー1,000人がつくまでは容易ではありませんでした」と打ち明ける。しかしアカウントはたちまち大人気となり、現在フォロワー数は80,000人を超えている。

 クセニヤさんは絵を描くのが趣味だったというが、職業として筆を握ったことはなかったという。両親からタブレットを贈られてからは、デジタルで作品を描くようになった。

 写真に興味を持ったこともあり、フォトショップやライトルームといった写真加工プログラムを独学で学んだ。

 最近では彼女のフォロワーが自分の飼っているネコの写真を送ってきて、加工してほしいと依頼するようになった。クセニヤさんはお金を取らないでやってきたが、依頼が50を超えるようになってからは少額ながら料金を取るようになった。

 「写真を組み合わせる時に神経を使うのは、色合いだったり、形だったり。また時にはネコの写真を見ながら、頭のなかにある食べ物の写真を思い描いてお互いがうまく合うのか考えたりもします」とクセニヤさんは語る。

 「自分の好みの特定のデザインを依頼してくるフォロワーもいますが、わたしに任せてくれることがほとんどです」。

 クセニヤさんはこのプロジェクトを始める前は、写真編集の仕事をしていたが、今はこれだけに集中している。ときどき、要望に応えて、希望する人たちのために絵を描いている。彼女にメッセージをしてみてはいかが?

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる