ロシアで運転免許を取る方法

アレクセイ・フィリーポフ/Sputnik
 ロシアに住んだり、ロシアで働いたり、ロシアを旅行したりする予定があるだろうか。ロシアの運転免許について知っておいてほしいことをすべてお話ししよう。

 あなたの運転免許はロシアで使える?  ロシアの免許に変更する必要がある人は?  運転免許試験に合格するには?  これからチェックしよう!

 

1. ロシアの運転免許が必要か

 もしあなたが旅行者で、ロシアで自分の車やレンタカーを運転するなら、自国の免許で簡単にできる。ロシアの道路交通法によれば、ロシアに一時的ないし恒常的に滞在する人はロシアの免許を取得して用いることができるが、もしそれがなければ自国の免許あるいは国際免許を用いても構わない。国際免許は自国の免許と併せて初めて有効となる。ただしこの規定には重要な注意点がある。ロシアはウィーン交通条約の加盟国で、他の加盟国(イギリス、ドイツ、イタリア、フランスなど多くのヨーロッパ諸国、独立国家共同体、ラテンアメリカ諸国)の国内免許の使用を認めている。アメリカと日本は条約に加盟していないが、それではアメリカや日本の免許で運転してはいけないのだろうか。否、法律によれば、免許に公証人が署名したロシア語訳が付いていれば、それを使っても良い。追加で国際免許も取っておくとなお良い。

 

2. 自国の免許をすでに持っている場合にロシアの免許を取得する方法

 ロシアでの一時的な居住許可かロシアのパスポートを持っているなら、ロシアの運転免許を取る必要がある。さらに、もしロシアでドライバーとして働きたいなら(ロシアのパスポートを持っていないとしても)、ロシアの免許を取る必要がある。すでに自国の免許を持っているなら、ロシアのものに変更することができる、とスタリンスキー・コルチャゴ・パートナーズ弁護士会で業務を担当するヴラジーミル・スタリンスキー氏は話す。「そのためには、次の書類を交通警察に提出しなければいけない。申請書、パスポート(ロシア語訳添付)、医師の証明書(ロシアの大抵のクリニックで標準の検査を受けられる)、自国の運転免許、受験料の領収証だ。もし数種の運転免許を持っているなら、そのうち最も高い等級の試験に合格する必要がある」とスタリンスキー氏は説明する。試験はロシア語で課される。いずれにせよ自国の運転免許は手許に残る。

 さらに、居住許可を得ているなら、ロシアの免許だけで運転したほうが良い。ロシアは60日間しか免許の変更を認めていないからだ。

 ダヴィド・マヌキャンさんは2014年にアルメニアの運転免許をロシアの運転免許に変えた。「アルメニアはウィーン条約加盟国なので、医師の証明書を見せ、学科試験を受け、料金を支払うだけでだけで良く、その日のうちにロシアの免許が取れた」と彼は言う。

 もしあなたの国が条約に加盟していない場合は?今まで運転経験がないかのごとく試験を受けるしかない。

 

3. 免許を持っていない場合どうするか。

 もし運転技能の習得を望んでいて、一時居住許可を持っているなら、ロシア市民と同じように運転を学ぶ権利がある。まずは自動車学校に入校しなければならない。教習内容は、学科教習(130時間)と技能教習(56時間)だ。追加料金を払えば、予定に組み込めるだけの回数、講師をつけて運転の練習ができる。教習は3ヶ月~4ヶ月続き、修了証書を受け取れば、交通警察で試験を受けることができる。

 学科教習は道路交通規則に関する詳細な試験が含まれる。このテーマに関するテストの受験が、交通警察が受験生に課す試験の第一段階だ。テストはコンピューター画面上の20問の選択問題から成る。試験時間は20分で、1問しか間違えてはいけない。次に2つの技能試験を受ける必要がある。教習所内と市内の道路での試験だ。落ちた場合はもう一度受けられる(受験回数に制限はない)。もし受かれば、めでたしめでたし。ドライブに出かけよう。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる