珍しいペルーのペンギンがモスクワで誕生

ナタリア・セリヴェルストワ/Sputnik
絶滅の危機に瀕する種

 ペルーのフンボルトペンギンの4羽のひなが1月初旬モスクワで誕生した。フンボルトペンギンは絶滅寸前とされており、明るいニュースとなった。

 フンボルトペンギンがモスクワに初めてお目見えしたのは、20年ほど前。現在モスクワでは20羽が飼育されている。

 フンボルトペンギンは南米の西海岸に生息する。現在の個体数は12,000羽で、レッドリスト(国際自然保護連合が作成する絶滅の恐れのある野生生物リスト)に含められている。

*ロシアの野生のネコ科8種についてはこちらをどうぞ

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる