2頭の赤ちゃん熊、ロシアの森で救出される

トヴェリ州天然資源環境省
 母親に捨てられた愛らしい小さな獣の赤ちゃんが、猟師によって発見され、国際動物福祉基金に保護された。

 トヴェリ州(モスクワから200キロ北)の森で、2頭の熊の赤ちゃんが見つかった。熊たちはわずか生後15−20日でまだ目も開いておらず、まったく絶望的な状況にあった。

 救護隊によると、母熊は森林伐採をしていた人間に怯えて逃げたものと見られる。熊は小熊を置き去りにしたときでも、逃げ出してきた場所に二度と戻ることはないという。

 森林作業者と猟師が小熊を発見し、体を温めるために胸に抱いて、国際動物福祉基金に連絡を取った。熊たちは森に戻されるまでの間、そこで専門的な処置を施されている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる