「僕なら壁紙に使うね」 ビットコイン暴落をジョークにするロシア人

Getty Images
 仮想通貨ビットコインが大暴落し、その価値は半分以下になった。しかし人々はその明るい面を見ようとしている。

 ビットコイン保有者には嬉しくないニュースが続いている。2月6日には価値が6,000ドル以下までになった。価値がおよそ65%急落しても投資家たちはこの状況に笑いに変え、落ち着いた態度を見せようとしていた。こんなジョークを飛ばしながら。

 

「ほれぼれするよ」

「10,000(ドル)で手に入れたビットコインが6,000(ドル)にまで急落しても、まだ売るか待つか考えている」

こちらはロシア経済というツイッターのパロディアカウントから。「ビットコインに電話した。受話器から聞こえるのは沈黙だった。なぜならすべてはもう明白だからだ」

 

「ビットコインはまもなくさらに下落し、わたしの自己評価の値と重なるだろう」

 悲観主義者たちはすでにビットコインをどうすべきかすでに答えを出している。

 

「下落したビットコインが必要ないなら、僕にくれ。壁紙にするから」あるユーザーはそうツイートし、ウォレットナンバーを残している。人々はこれを単に「嘆きの“仮想”壁」と呼んでいる。

 

 「ビットコインは美しく飛翔している」

「ビットコイン、一体何があったんだ?」

「今思えば、ビットコインの暴落の前兆は、ママがビットコインについて話してくれと頼んできたことだった。というのもこんな話がある。ケネディ大統領の父親が大恐慌のときに自分のお金をどのように守ったか。大統領の掃除夫が株価について尋ねて来たとき、彼はすべての持ち株を売却した」

 

「昨日、我々は15,000ドルほど節約した。ビットコインを買わなかったからね」

 

 これは、みんなの気持ちを少し代弁したもの:

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる