ユーリー・ガガーリンの日常を映した貴重な写真

Yury Abramochkin/russiainphoto.ru; TASS
 人類初の宇宙飛行を成功させたガガーリンの宇宙服姿を着た写真は世界中に広がった。しかし、この伝説の宇宙飛行士が普段どんな姿だったのかはあまり知られていない。

 1961年4月12日以降、ユーリー・ガガーリンは本物の英雄となり、スーパースターとなった。ソ連の誰もが彼を誇りに思い、遠くからでもガガーリンを一目でも見られたときには大興奮した。

 ガガーリンはロシア郊外の貧しい一家に生まれた。身長はそれほど高くなかったが、とても謙虚で、その特有の笑顔で誰もを魅了した。同時代を生きた人々は、ガガーリンはのんびりした人だったと回想している。あれほど有名になる心の準備はできていなかったようだといい、恥ずかしがりでおとなしく、いつも、本物のソ連の国民らしく、またソ連の軍人らしく、真面目で正直な人物だった。

1965年にポーズをとるガガーリン
パラシュート降下の準備をするガガーリン、1960年
自動車の中でポーズをとるガガーリン、1961年
朝のトレーニングをするガガーリン、1961年
カメラを前に鉄アレイを持って腕を曲げるガガーリン、1963年
ソチでの休暇にて、1961年
ピリヤードをするガガーリン、1961年
故郷で釣りをするガガーリン、1961年
休日に水上スキーを楽しむガガーリン、1965年
執務室のガガーリン、1967年

 ガガーリンは妻のワレンチナさんと2人の娘をとても愛していた(ワレンチナさんは2020年3月に逝去)。娘のエレーナさんはモスクワ・クレムリン博物館の館長となり、ガリーナさんは経済学の教授になった。

ガガーリンと妻のワレンチナさん、生まれたばかりの娘ガリーナさん、1961年
趣味だった写真、1963年
娘たちに本を読むガガーリン、1965年
娘のガリーナと休日を過ごすガガーリン、1966年
家族とふざけるガガーリン、1967–1968年

 友人や同僚たちは、ガガーリンはふざけたり笑ったりするのが好きだったと回想している。ガガーリンと共に働いたエンジニアのエヴゲーニー・シルニコフさんは、職場では小噺を話すのが好きだったと話している。

 「ツバメが空を飛んでいると突然ロケットがものすごいスピードでそのツバメに向かって飛んできた。ツバメは尋ねた。なぜそんなに早く飛べるんだい?するとロケットは答えた。お尻に火をつけられたら、君だってもっと早く飛べるよ!!」

クリミアで休暇を過ごすガガーリン、1961年
宇宙飛行士のユーリー・ガガーリン、ワレンチナ・テレシコワ、アレクセイ・レオノフ、1965年
新年番組に出演するガガーリン、1963年
ユーリー・ガガーリンと写真家ユーリイ・アブラモチキン、1961年
ホッケーをするガガーリン、1963年
ピクニックで友人たちとポーズをとるガガーリン、1963年
衣装を着たガガーリン、1965年
海王星の日のイベントでの宇宙飛行士のユーリー・ガガーリン(左)とアレクセイ・レオノフ、1965年

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる