ロシア帝国最後の日々(写真特集)

ニコライ2世(左)とアレクセイ・ニコラエヴィチ皇太子(右)

ニコライ2世(左)とアレクセイ・ニコラエヴィチ皇太子(右)

Romanov Collection/Beinecke Rare Book and Manuscript Library/ Yale University
 破壊されたクレムリンの近くに集まる群衆、支持者に囲まれるラスプーチン、梅毒の流行、別荘での茶会、襲撃後の冬宮。帝国の末期はどのような様子だったのだろうか。

 

支持者に囲まれるグリゴリー・ラスプーチン
帝国養育院の職員に対する梅毒ワクチン「606」の接種
別荘での茶会
皇帝の狩猟後の獲物の運び出し
チェスをするレフ・トルストイ
モスクワの街路の自動車
気球
スラ川で艀(はしけ)を引く女性船曳き
モスクワのポクロフカ通りを舗装する未成年労働者
モスクワの市場
革命前年のロマノフ家
タヴリーダ宮殿エカテリーナの間で反乱者側に付く陸海軍の兵士
ペテルブルクで行われた平和的なデモに対する臨時政府軍の発砲
麻疹に罹り頭髪を剃ったロマノワ姉妹
襲撃後の冬宮
十月の戦闘で破壊されたクレムリンのニコリスキエ門前の群衆
スモーリヌイ女学院の最後の卒業生
自宅前のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤ
徴兵所の市議会議員ら
ツァールスコエ・セローで散策中に逮捕されたニコライ2世
村の自宅前に立つ司祭
集会中のレーニン
アレクサンドル3世像の撤去

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる