第二次世界大戦中のモスクワの20枚の写真(写真特集)

 対戦車障害物、飛行船、兵器――ソ連に壊滅的な被害をもたらした戦争の間、首都モスクワはどのような様子だったのか。

大祖国戦争開戦の発表。1941年6月22日
モスクワのメイン通り、ゴーリキー通り(現トヴェルスカヤ通り)。1941年9月 
マヤコフスキー広場でのガスマスクの配布。1941年
プーシキン広場の飛行船。1941年
前線のモスクワ。モジャイスコエ街道、クトゥゾフ小屋のそば。1941年10月~12月 
モスクワ郊外に掘られた対戦車塹壕。1941年9月~10月
撃墜されたドイツの飛行機。スヴェルドロフ広場(現テアトラリナヤ広場)。1941年。
地下鉄マヤコフスカヤ駅の防空壕。1941年
マヤコフスキー広場(現トリウンファリナヤ広場) 
モスクワ郊外の義勇軍兵士。自転車部隊。1941年
モスクワ中心部の対戦車障害物
防衛戦中のモスクワ。空から来る敵を警戒する首都の守備隊
ゴーリキー通り(現トヴェルスカヤ通り)の食料品店
赤の広場の十月革命記念パレード。1941年11月7日
ベラルーシ駅付近(トヴェルスカヤ通り)のドイツ人捕虜の縦列。1944年
勝利宣言。赤の広場。1945年5月9日13時55分
ソビエト連邦元帥ゲオルギー・ジューコフ。1945年6月24日の勝利パレードにて。

戦時中どのようにしてクレムリンを隠したのか、知りたい方はこちら

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる