ソ連はいかにして国際親善を促進したか

Archive photo
 国際協調主義は、ソ連が使用した有効なイデオロギー兵器の一つだった。それは、ソ連は国内に住む多くの民族集団の友情を勝ち取り、世界中に友好国と同盟国を作るのに役立った。

「民族間の平和万歳!」

「ソ中友好を永遠に息づかせよう!」

「民族友好を支持! 平和協力を支持!」

「ソビエト・ポーランド友好万歳!」

「ソ連・ベトナム:距離は遠いが、我らの心は近い!」

「我らの友情は鋼鉄のごとく頑丈!」

「ウクライナのロシアとの再統一300周年 兄弟の友情に我らの力あり!」

「我らは友情と平和を支持! 我らの熱烈な挨拶が世界の周りを飛んでいる! 我らは友情と平和を支持!」 

「我らの目的は共産主義!」

「ピオネールは世界中の子供たちと親交を持つ」

 

「友情は末永く、友情は輝かしい!」

「常に共に!」

「世代から世代へ:ソ連諸民族の友情を強固なものにしよう!」

「ソビエト・モンゴルの友情を強めよう!」

「平和! 友情!」

「平和は勝利する! 若者が友情の歌を歌う」

「ソビエト・チェコスロバキア友好万歳!」

 「ソ中両国民の揺るぎない友情と協力を生きづかせ、強めよう!」

「インド人とロシア人は兄弟!」

「我らは民族間の敵意を煽ることを許さない!」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる