ソ連の旅行ポスターの「ソ連へようこそ!」

1920~30年代のソ連において、自由な旅行ができ、外国人向けの急成長していた観光産業があったと考えると不思議だ。
1920~30年代のソ連において、自由な旅行ができ、外国人向けの急成長していた観光産業があったと考えると不思議だ。クリミア、ウクライナ、1935年。
ソ連の有名なロシア構成主義のプロパガンダポスターがソ連の一つの姿を物語るとしたら、レジャーや旅行等の楽しいこと全般を宣伝するポスターは、全く違うソ連を物語る。// レニングラード、1935年
ポスターは、外国人による観光を管理する団体であるインツーリストの依頼により作成された。そのポスターには明らかに独特の視点があり、それなりに重要なものだ。 // グルジアの軍用道路、1939年
作品の多くは、当時のアールデコ様式により自由と誘いの感覚を肯定し、時にはソ連を極東への入口として紹介する。// トビリシ、グルジア、1939年
ソ連の保養所、1930年
バクー、アゼルバイジャン、1937年
バトゥミ、グルジア、1936年
中央アジア、1934年
ヴォルガのクルーズ、1932年
陽光あふれるアルメニアを訪れる、1935年
カフカス、1936年
ソ連で狩り、1931年
「インツーリスト」があなたをマグニトゴルスクへ招待、1930年
ソ連の冬、1935年
ソ連の夏のスポーツ、1936年