ソビエト市民が自国軍を無敵と考えていた理由が分かるポスター

Archive photo
 ソ連のプロパガンダ組織は、ソ連軍が一度も先制攻撃を仕掛けたことがないと宣伝していた。これが事実かどうかは議論の余地があるが、ソ連兵が命を懸けて共産党国家を防衛していたことを疑う者は少ないだろう。

1.「平和の番につけ!」

2.「地上の命のために!」

3.「ソビエト軍に栄光あれ!」(エストニア語)

4.「我々は諸国を平和的な対話に招くが、挑発には断じて対抗する。」

5.「我らが軍に栄光を!」(リトアニア語)

6.「平和の番につけ」

7.「ソビエト政権のために!我らがソビエト祖国のために!」

8.「これまで平和を守ってきた。これからも平和を守り抜く!」

9.「ソビエトのパイロットに栄光あれ!」 

10.「平和と社会主義の番につけ」

11.「砲兵とロケット兵がモスクワの壁から国の隅々まで見張っている!」

12.「ソビエトの戦車兵、偉大な祖国の息子は戦列にいる!」

13.「警戒態勢は最高レベル!」

14.「育て勇士! ソビエト軍は君を大切にする!」

15.「常に警戒!」

16.「我が国よ、私に期待せよ!」

17.「祖国に仕える用意はできている!」

18.「兵士になって平和を保護、防衛する準備は良いか!」

19.「警戒せよ!」

20.「軍と人民は一つ!」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる