写真で見るソビエト軍事施設の廃墟

Eric Lusito
  「今日我々の文明は、死すべき運命にあることを知っている。」フランスの詩人ポール・ヴァレリーのこの言葉が、欧州の写真家エリック・ルシート氏の著書のレビューに引用されている。彼の撮影したソビエト時代の軍事施設の廃墟は、いかなる生命も死を免れないことを物語っているようだ、というわけだ。

1.第126戦闘機連隊、モンゴル

 ルシート氏の著書『ソビエト帝国の痕跡』に掲載されているこの写真は、モンゴルにあったソビエト空軍基地を写したものだ。1970年代に、中国との間で起き得る紛争の前線と見なされた区域に建設された。ロシア政府と中国政府は、当時は同盟関係になかった。

2.第41ライフル連隊、モンゴル

 これは大祖国戦争(第二次世界大戦)を戦った兵士らに捧げられた記念碑だ。碑の前の空間は軍事パレードに使用された。

3.第677砲兵連隊、モンゴル

 この基地は、ゴビ砂漠の北端付近にある。これもまた、潜在的な中国の脅威に備えて建設されたものだ。

4.第2親衛戦車師団、モンゴル

 ソビエト時代には、多くの軍人やその家族が、モンゴルのチョイバルサン市内や近郊に住んでいた。人口は30万人以上だった。現在の人口は約3万9千人だ。

5.中央軍集団本部、チェコ共和国

 チェコ共和国のミロヴィツェは、CGF(中央軍集団)の本拠地だった。1984年から1988年までの間、ミロヴィツェにはソビエト軍の人員が(その家族も含めて)10万人もいたと推定されている。

6.第129独立早期検知レーダーセンター、ラトビア

 この基地は、西側から飛来する弾道ミサイルを検知する役割を担っていた。壁に書かれたスローガンは「勝利はここから始まる!」。

7.第44独立司令計測複合、カザフスタン

 衛星を追跡するために1950年代に建設された。衛星の統御と宇宙監視とを担うこの施設は、宇宙観測分野で最も洗練されたソビエト基地の一つとなった。

8.第649独立宇宙物体無線諜報センター、ラトビア

 国外にあるソビエトの軍事基地は、限られた区域の孤立した居住区であることが多かった。

9. KGB戦闘部隊93544、ロシア

 パリ=ソルボンヌ大学でロシア及びソビエト文化を研究しているフランシス・コント教授は、ルシート氏が「ロシアだろうとどこだろうと、廃墟というものが時と歴史の深い変化の表れであることを我々が理解するのを助けてくれている」と述べている

10.ポスター「私はソビエト連邦に奉仕する」

11.ポスター「ソビエト将校は人民の忠実な息子である」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる