ソ連政府はどのように神、聖職者、宗教を弱体化したのか?

ドミトリー・モール、1920年
 ロシアで共産党が権力を握ってから、宗教に対しては狂ったような冷酷な戦いが行われた。神を信じる代わりに社会主義を信じさせ、人々の心や精神を支配したのである。

「宗教は害毒だ。子供を守れ!」

「宗教に対する戦いは、社会主義のための戦いだ」

「神は存在しない」

「宗教は資本主義を支援し、労働者の邪魔をする。どっかに行け!」

「祭日、ずる休み、飲酒に反対。一所懸命働こう」

1930年

「女性よ!宗教の罠から逃れよ。社会主義を建設しよう!」

「誰もが分かっている。労働者にとって、聖職者と酔っ払いは共に害」

「愛する息子よ。一緒にいることが私の喜びだ」

「聖職者に騙されるな!宗教は麻薬だ、それに近づくな!」

「円舞」

「十字架とトラクター」

「聖職者は昔に戻らせようとしている。そんなことはさせない!」

 正教会がソ連時代を如何に生き延びたかを知りたいなら、こちらからどうぞ。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる