ベイクドアップル:とってもヘルシーなロシアの朝食を作ろう!(レシピ)

Victoria Drey
 リンゴのシーズン真っ盛りの今、ローカロリーのリンゴのデザートをアップグレードしてみよう。この甘いおいしさは皆に笑顔をもたらすこと間違いない。

 リンゴがスラヴ文化においてもっとも重要なフルーツであるというのは誇張ではない。婚約、結婚式を始め、ほぼすべての重要な祝日、儀式の席で、食卓にのぼるリンゴは健康、愛、豊作のシンボルとして、非常に重要な意味を持っている。

 文字通り、リンゴの調理法は古代ルーシ時代から何十通りもある。その方法は、乾燥させる、塩漬けにする、発酵させるなどさまざまだ。ロシアではリンゴの収穫量が多く、すべてを食べ切ってしまうことができなかったからである。そこでクリエイティヴなレシピを考案する必要に迫られた。焼きリンゴは、ロシア料理において、果実を保存する人気の方法の一つである。最初は、鴨のローストにリンゴを詰めるなど、肉料理の付け合わせとして使われていたが、後に、独特の風味のある個別の料理としても作られるようになり、また健康的で、アレルギーを引き起こしにくく、栄養のあるものと認められるようになった。

 焼きリンゴのもっとも簡単な作り方は、リンゴを半分か4分の1に切って、オーブンか電子レンジで10分から15分焼くというもの。ちょっとしたフィリングを加えれば、簡単なおやつや朝食、ヘルシーでカロリー低めのデザートにもなる。

 リンゴの詰め物にはさまざまなものが合う。一番クラシカルなのは、トヴォーログ(ロシアのカッテージチーズあるいはカード、凝乳)にハチミツ、ナッツ、レーズンを混ぜたもの。カウベリーなどのベリー類やオートミール、ドライフルーツを加えてもおいしい。

 このレシピが素晴らしいのは、季節を問わないことである。すべての食材は1年を通していつでも手に入る。しかしやはり新鮮な秋のリンゴは、もっとも深みがあり、自然の風味、自然の食感が感じられる。

材料:

  • リンゴ(中サイズ) 3個
  • トヴォーログ/カード/カッテージチーズ 100g
  • カウベリー/クランベリー 50g
  • ペカンまたはクルミ 30g
  • ハチミツ 大さじ2
  • シナモン 小さじ1/2

作り方:

  1. リンゴに穴を開ける。尖った小ナイフを使って、芯の部分を中心にしてくぼみを作る。貫通させず、底は残す。タネはすべて取り除く。リンゴは少し酸味があるものの方が、焼きあがった後、甘みにも酸味にもより深みが出る。
  1. フィリングを作る。トヴォーログまたはカードにハチミツとベリーを混ぜる。冷凍のベリーでも良い。
  2. ひと握りのナッツをナイフで砕く。
  3. ナッツをフィリングに加え、混ぜる。
  4. フィリングをリンゴのくぼみに詰め、表面にシナモンをふりかける。
  5. 天板にリンゴを並べ、アルミホイルかベーキングペーパーをかぶせ、190度で30分から40分焼く(リンゴの大きさによる)。
  6. リンゴの周囲がジューシーで柔らかくなったら出来上がり。オーブンから取り出し、粗熱をとって、温かいままいただく。プリヤートナヴァ・アペチータ!(どうぞ召し上がれ!)

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる