砕いたヘーゼルナッツ入りのソ連のプラリネを家庭で作ろう!

Vasilisa Malinka
 この「小リス」はソ連時代の代表的なお菓子である。チョコレート・プラリネと砕いたヘーゼルナッツから出来ており、濃厚で、魅惑的である。このプラリネの作り方をマスターしよう。

 「小リス」(ベーロチカ)はお正月に子どもたちにプレゼントする伝統のお菓子の1つであった。大人たちもその退廃的な味を大変好んだ。この「小リス」はクレムリンの中でも人気があり、重要なレセプションでは必ず出された。

 「小リス」の包み紙は1940年代に販売され始めてから大きく変わっていない。伝説となっているリスのイメージはわずかに修正され、色使いとナッツの細かいところが変わっただけだ。ロゴの形や構成は昔のままである。ナッツを抱えたリスは中央に描かれ、包み紙の周辺にはヘーゼルの枝が見られる。

 今日でも、「小リス」は昔と同じラベルデザインで、箱売りと量り売りの両方で売られている。しかしこのお菓子、家庭で作ることも難しいことではない。少ない材料で驚くほどうまく作れる。

材料:

  • クリーム 180g
  • コーンシロップまたはハチミツ 50g
  • バター 20g
  • アーモンドバター(またはお好みのナッツのバター) 60g
  • ダークチョコレート 420g
  • ヘーゼルナッツ 100g
  • ダークチョコレート(コーティング用) 

作り方:

  1. オーブンを140℃にし、ヘーゼルナッツを45分ローストしたら、取り出して粗熱を取り、めん棒で細かく砕いて、置いておく。
  2. チョコレート420gを耐熱ボウルに入れ、湯せんにかけて完全に溶かす。
  3. 小さめのボウルにアーモンドバターとバターを入れ、同じく湯せんにかける。バターが溶け、均等になるまで混ぜ続ける。出来上がったら置いておく。
  4. 小鍋にクリームとコーンシロップを入れ沸騰させる。塩少々を加え、少し冷ましたら、少量をアーモンドバターに加えて、均等になるまで混ぜあわせる。
  5. 残りのクリームはチョコレートに加え、スパチュラで混ぜる。
  6. そこにアーモンドバターを加えて、均等になり、ツヤが出てくるまで混ぜる。混ざったらヘーゼルナッツを加える。
  7. 底が平らな型かお皿を用意したら、ラップかパーチメント紙をしき、チョコレートとバター、ナッツを混ぜたものを流し込んだら、表面を平らにする。ラップで覆って、数時間冷ます。
  8. 固まったら、型から外し、ラップを外す。温めた乾いたナイフで丁寧に四方を切り取り、小さく切っていく。
  9. 300gから400gのチョコレートを使ってコーティングする。
  10. チョコレートは湯せんにかけ、31-32℃にする。
  11. フォークを使って小さく切ったキャンディ一つ一つにチョココーティングする。余分なチョコレートは揺らして、ボウルのふちに当てて落とす。
  12. コーティングしたキャンディーはパーチメント紙において、しばらく置いておいたら出来上がり!今すぐ食べたくなること請け合い。 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる