悪魔も食べたがったおいしいチェリー

Legion Media
 ハロウィン・パーティーでどうやって友だちを驚かせようか悩んでいたり、健康に長生きするにはどうすればいいのかと考えたり。ある種のチェリーには、抗酸化物質や体に良い成分がたくさん。「悪魔の」チェリーを見つけることができたら、思い切って料理に加えよう。

 「悪魔の」チェリー、またはキジルと言われても、ピンとこない人がほとんどのはず。これはセイヨウサンシュユ。クリミア半島や一部の中東地域などで生息する植物。

 なぜ「悪魔の」チェリーと呼ばれているのだろうか。クリミアの一説によれば、悪魔は春に美しい花を咲かせ、果実のなるセイヨウサンシュユの木をほしいと、アラーの神にお願いした。だが悪魔は晩秋まで待つことができず、手に入れる機会を逃してしまった。秋になると、人々は森に行き、真っ赤なチェリーを狩ることができるようになった。

 もう実る季節だから、悪魔みたいに待つ必要はない。簡単に買うことができるから、ロシア・ビヨンドのヴァレニエ(果実煮)、飲み物、菓子のレシピから好きなものを選んで、つくってみよう。

 セイヨウサンシュユは調理するとクランンベリーのように見えるが、苦みはない。抗酸化物質、アントシアニン、ビタミンC、ペクチン、その他の栄養成分が含まれるため、さまざまな病の良い治療薬になる。

 

モルス(フルーツ飲料)

 最も熟したセイヨウサンシュユ(250グラム)を選定する。鍋に熱湯(4カップ)を入れ、浸して5時間置く。次に、鍋を火にかけて、沸騰したら30分弱火で煮る。涼しい場所に1時間置く。ザルにあけて、液体をわける。ザルに残った果実から種を取り除き、実をモルスに加え、ハチミツまたは砂糖(100グラム)を加えて、良く混ぜる。

 

ヴァレニエ(ジャム)  

 セイヨウサンシュユ800グラムに対して砂糖1キロを用意する。砂糖に水2カップを入れて火にかけ、シロップ状にする。ここに洗ったセイヨウサンシュユを加え、沸騰させて10分弱火にかけ、気泡を取り除く。一晩置き、次の日にまた10分弱火にかける。ヴァレニエが水っぽ過ぎる場合は、さらにもう一度火にかける。

 

レヴァシ

 コーカサス地方では、セイヨウサンシュユのレヴァシがよく食される。セイヨウサンシュユを洗い、種を取り除き、均質な塊になるまで煮る。板上に薄く広げ、外気で乾燥させる。

 

ハパマ

 ハパマはアルメニアのカボチャ詰め料理。新年からクリスマス(アルメニアでは1月6日)にかけてふるまうのが伝統。

 

材料

  • カボチャ 1個(約2キロ)
  • タマネギ 中1個
  • 乾燥刻みセイヨウサンシュユ 1/4カップ
  • 溶かしバター 大さじ4
  • シナモンパウダー 大さじ1/2
  • 砂糖またはハチミツ 大さじ1~2
  • クルミ 1/2カップ
  • お湯 1/4カップ
  • 塩 適宜

 

つくりかた

  1. カボチャの上の部分を切り取る。切り取った部分の種を取り除く。カボチャの中身を削り出して、取っておく。詰め物用に、セイヨウサンシュユを10分煮て、ザルにあける。クルミを砕く。
  2. タマネギをみじん切りにして、フライパンでバターを溶かして、その中に入れ、中火で飴色になるまで炒める。
  3. カボチャの中身から種を外し、切って、焼いたタマネギ、セイヨウサンシュユ、クルミ、塩、シナモンとよく混ぜる。好みで、詰め物に米、レーズン、プラム、アプリコット、他のナッツ類などを加えることもできる。
  4. カボチャの中に詰め物を入れて、切り取った上の部分をかぶせる。200℃に予熱したオーブンに入れ、約90分焼く。カボチャはこれで柔らかくなる。
  5. できあがったカボチャを切り分けて、溶かしたバターを注いでふるまう。

 

もっと読む: