おいしいバランカで家を装飾

Legion Media
 おいしい装飾品なんて想像できるだろうか。ロシアには、いつも驚きがいっぱい。簡単なのに多用途な焼き菓子をロシア・ビヨンドが特集する。

 17世紀、当時の人は豊かさを招くため、バランカなどの丸い焼き菓子で家の壁を飾った。この習慣には、バランカ(およびブブリクや他の焼き菓子)が太陽を象徴するという、異教の意味があった。家が太陽のシンボルでいっぱいであることを示すことによって、さらなる太陽つまりは豊かさをひきつけることができる、と考えられていた。これらの焼き菓子に穴があることで、壁を簡単に飾りつけできた。18世紀および19世紀には、通りの売り子が、大きなネックレスのように紐でつなげたバランカを、首のまわりにかけて販売していた。

 

起源と語源

 バランカの特徴は、焼く工程にある。     最初に茹でて、乾燥させ、最後に焼く。この名前は、スラヴ語のobvariti(湯通し)という言葉からきているという説と、ロシア語のバラン(羊)という言葉からきている(羊の角に似ているため)という説がある。

 バランカがスモルゴニという街の発祥だと考える歴史学者もいる。この街はリトアニア大公国からポーランド・リトアニア共和国に、次にロシア帝国、そして現在はベラルーシと国が変わっている。このおいしい輪はロシア北西部へと伝わり、最後にはロシア全土に伝わった。

詩人プーシキンも言及

 カラチと同様、バランカを焼くには特別な教育を要する。知らない人は正しく焼くことができない。焼き方をマスターした人はバラノチニクと呼ばれる。ヴァルダイという街でつくられていたバランカが最高と考えられ、アレクサンドル・プーシキンや18世紀の有名な作家兼社会評論家の作品の中でも言及されている。もちろん、どの家庭に唯一無二のレシピがあった。

 バランカに使う生地はさまざま。簡素だったり、芳醇だったり、卵、砂糖、果物の入ったものだったり。ゴマやケシの実のかかったバランカが、絶品だと考えられていた。普通のバランカは、低糖、低脂肪のヘルシーな焼き菓子であるため、ダイエットをしている人や健康食を好む人に向いている。

 

材料

  • 小麦粉 800グラム
  • 生イースト 20グラム
  • 砂糖 30グラム
  • 牛乳 1カップ
  • 卵 1個
  • 無塩バター 25グラム
  • 塩 小さじ3/4
  • 水 1.5リットル

 

つくりかた

  1. イーストを砂糖と一緒に粉砕し、温めた牛乳を加える。そこにふるった小麦粉を加えて混ぜる。生地をしっかりと練って、暖かい場所に置く。生地がふくらんだら、また練る。
  2. 生地を適量取り、指の太さほどの棒状に伸ばして、輪にする。輪をつくる時は、卵白を棒の両端に塗ってくっつける。
  3. 次に茹でる。バランカの黄色っぽさを強くするために、沸騰したお湯に砂糖を少し入れて茹でる。表面をピカピカにしたい場合は、小麦粉50グラム、水25グラムを練って、20分おき、生地を洗って、輪状のバランカの上に貼りつけてから茹でる。
  4. バランカにゴマやケシの実をふりかけても良い。天板にクッキングシートをしいて、バランカ同士がくっついてしまわないように離して置く。200℃に熱しておいたオーブンで15~20分焼く。

 外がカリカリで中がやわらかいバランカができあがる。焼きたてはとてもおいしい。ロシア風に紅茶のおともとして食べてみよう。

もっと読む: