ロシア初の日本のホテル「オークラ・ウラジオストク」が2021年後半にもオープン

Legion Media
ロシアでは初めてとなる、日本のホテルがウラジオストクで2021年後半にもオープンする。上月豊久駐モスクワ日本大使が明らかにした。

 インターファクス通信からのインタビューに答えた上月大使は、「ウラジオストクでのホテル・オークラのオープンは、2020年の都市環境分野における日露関係の進展を示すものである。日本でも有名なホテルチェーンの一つであるホテル・オークラを経営する株式会社ホテル・オークラは、ロシア初の日本のホテルとなるホテル・オークラ・ウラジオストクをオープンするために積極的な努力を行った。オープンは2021年後半に予定されている」と述べた。

 また上月氏は、「ウラジオストクは、東京か飛行機で2時間半ほどで行くことができるもっとも近いヨーロッパの都市として注目を集めている」と付け加え、ホテル・オークラができたことで、ウラジオストクは日本人観光客にとってより魅力的なものになるだろうと述べた。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる