ロシアが外国人の高度熟練専門家に対して国籍取得の手続きを緩和

Alexander Ryumin/TASS

 10月2日に施行された新しい法律によると、優秀な外国人専門家は、いわゆる「簡素化された」手続きでロシア国籍の取得を申請する際に、ロシアで3年間働く必要がなくなった。7月にロシアのプーチン大統領が関連文書に署名している。必要な労働期間は1年間に短縮される。

 以前は、リストには74種の特定の職業が含まれていたが、最近、ロシア連邦労働・社会保護省により改訂され、新たに135種が含められた。そのなかには、農業技術者、助産師、看護師、獣医、各専門分野の医師、エンジニア、教師、薬剤師、電気技師、フライス盤オペレーター、旋盤工、錠前屋、ジャーナリストの一部などがある (完全なリストはこちら〈ロシア語〉) 

 一般的な手続きと比較すると、簡素化されたそれでは、国籍取得の申請者は、ロシアに5年間断続的に住む必要がなくなる。また申請の検討期間が6か月に短縮される。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる