肌を売るなんて考えたこともない?エカテリンブルグ在住の青年がやろうとしていること。

 エカテリンブルグ在住のユーリー・ガラクテオノフさんは自分の肌を売ろうとしている。すでに10万ドル(1,100万円)のオファーがきているのだという。

 ガラクテオノフさんは有名なミュージシャンのサインを蒐集している。しかし普通のコレクターとは異なり、集めたサインはタトゥーになっている。ミュージシャンに肌に普通にサインをしてもらい、それをタトゥーにするのだという。彼はこれまでに10組のサインをタトゥーにした。スコーピオンズ、パパ・ローチ、ロクセット、スティング、オジー・オズボーンなどだ。

 ガラクテオノコフさんはこの肌をオークションで売ろうと考えており、すでにある蒐集家が10万ドルをオファーしている。ガラクテオノフさんは自分が死んだ後に肌を移植することを考えているが、実際どのような方法を取るのかについて詳細はまだ決まっていない。彼は「子供たちではなく、自分にお金を払ってもらいたい。それを何かのプロジェクトに投資したい」と話す。しかし、彼はお金のために肌を売ろうとしているのではなく、何か歴史に残るようなことをしたいのだそうだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる