日本がシベリア鉄道で貨物輸送

ノヴォシビルスク付近のシベリア鉄道を走っている列車

ノヴォシビルスク付近のシベリア鉄道を走っている列車

アレクサンドル・クリャジェフ撮影/Sputnik

 日本とロシアはシベリア鉄道を利用した共同の貨物の輸送を計画している。日本政府からの情報として日本のメディアが伝えた

 ウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムの開催中である9月11日-13日に試験が予定されており、5社から10社の日本企業が参加する。試験では、料金や輸送時間、税関手続きなど、輸送の詳細が確認されることになっている。

 シベリア鉄道は、空路、海路に続き、ロシアと日本にとって「第3の輸送ルート」となる。
 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる