ロシア企業によるパンダ債の発行

ロイター通信
 専門家らによれば、ロシアの国家と民間企業の代表らは、中国市場で初のパンダ債を発行する用意があり、その場合、中国の債権者らのマネーを求めてポーランドとシンガポールの債務者らと競い合うことになる。

 中国の債券市場へ参入する計画については、一度に複数のロシアの国営企業が発表した。国内最大の開発機関である国家コーポレーション「ヴネシエコノムバンク(対外経済銀行、VEB)」は、年内にも中国から金を借りる予定であり、ロシアのビジネス紙「ヴェドモスチ」は、これについては同行のセルゲイ・ゴリコフ会長が発表した、と報じている

 一方、ロシアの財務省は、人民元建ての国債を発行する計画を発表した。ロシア通信は、セルゲイ・ストルチャク財務次官が、発行の規模は不明だが発行は早くも2017年に行われる、と述べた、と報じている

 投資会社「フリーダム・ファイナンス」ロシア株式市場運用管理責任者のゲオルギー・ヴァシチェンコ氏の評価によれば、財務省は、総額10億ドル分の債権を中国で発行する可能性がある。

 前日、中国の当局は、外国企業を国内の金融市場へアクセスさせること、つまり、外国人にいわゆるパンダ債の発行を許可すること、を決定した。許可される会社のリストは、上層部によって管理されるが、ロシアの専門家らは、まず第一にロシアの大手原料採取企業がアクセスを入手しうる点を指摘している。

 MFX ブローカーの上級分析評論員ロベルト・ノヴァク氏は、「中露の政治・経済分野における緊密な協力を考慮すれば、ロシアの石油ガス部門の大手企業がそうしたアクセスを希望に応じて入手することは、十分現実的である」と語る。同氏によれば、とりわけ、2015年の春、「ガスプロムバンク」は、すでに中国の資本市場へ参入する計画を発表し、そのために中国の格付機関Dagong (大公)による評価を受けたが、債権の発行は、当時存在していた中国市場における制限のため、結局、行われなかった。

 

最初の発行

 専門家らは、ロシア債務者らは、パンダ債を利用することにより、まず第一に、自国の大手銀行に対して西側の貸付資本へのアクセスを制限した制裁の影響を緩和できる、と考えており、ニグマトゥリン氏は、「パンダ債は、国際的な制裁の影響を緩和しうるが、西側の貸付市場に完全に取って代わることはできない。中国の市場は、流動性や管理の質の点で、EUの市場には数倍、米国の市場には一桁、劣る」と述べる。

 投資会社「ルッス・インヴェスト」のアナリスト、セミョン・ネムツォフ氏は、中国の投資家らは、おそらく欧州の取引所よりも高い収益性を求める、と考えており、ロベルト・ノヴァク氏は、「総じて、ロシアの民間部門は、最初にロシアの国家がパンダ債市場へ参入するならば、同市場へ参入しやすくなる」と語る。

 その場合、ロシアの企業は、ポーランドやシンガポールを含む他国や外国企業と流動性(liquidity)を競い合うことになる。6月末、ポーランドは、人民元建てのユーロ債を直接中国の市場で発行する欧州で最初の国となった。発行総額は、30億人民元(約4億5千万ドル)だった。近く、シンガポールの会社ヴァイブラント・グループも、10億人民元(約1億5千万ドル)の債権を中国で発行する意向である。

もっと読む:ロシアへの融資は可能か?>>>