米映画の9つの“歴史的”ミス

2017年6月28日 アンナ・ソロキナ
 ロシアの名前を記入する際に、キリル文字をでたらめに組み合わせればそれでいいのだろうか?本当にロシア軍は電灯の代わりにロウソクを使いたがるだろうか?なぜジョン・ウィックは「バーバ・ヤガー」と呼ばれるのか?これらの映画をもう一度見たら、混乱して頭をかきむしるかも…。なぜアメリカの映画製作者は、ディテールを確認するために、ロシアの専門家を雇わないのだろうか?

1. インデペンデンス・デイ』(1996

 世界は破滅に瀕している、という設定。アメリカ人達はロシアからのニュースを見ているのだが、それはまだ「ソビエト中央ニュース」という名前になっている。ソ連は1991年に崩壊したというのに。 (15分1秒)

『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット

 ロシアの地図が変だ。ノボシビルスク(Novosibirsk)に余計な文字が入り、Novosyoyrskとなっている。モスクワはウラルにあり、サンクトペテルブルクの代わりにペトログラードとなっている。同市がこう呼ばれていたのは1914~1924年のことだ。

『インデペンデンス・デイ』 /映画のスクリーンショット『インデペンデンス・デイ』 /映画のスクリーンショット

 ロシア軍の司令部がなぜか教会の近くにある。なるほど、それはカモフラージュだとしても、なぜ軍用機は隠されずにむき出しになっているのか? (1時間 42分)

『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット 『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット

 そのロシア軍司令部で、軍人がなぜか電灯の代わりにロウソクを使っている。1914年に戻ってしまったとでも?

『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット『インデペンデンス・デイ』/映画のスクリーンショット

 

2. ボーン・アイデンティティー2002)、『ボーン・スプレマシー』(2004

 主人公ボーンが自分のロシアのパスポートを見つけるまでは問題ない(17分)。ところが、そこにはキリル文字ではАщьф ЛШТШФУМ (Ascshf LSHTSHFUM)と書いてある。ラテン文字ではFoma Kiniaevとなっているのに。たしかに、こっちは“普通の”ロシア人の名前になっているが、キリル文字の方は、何の意味もなさない、まったくのナンセンスだ。

『ボーン・アイデンティティー』/映画のスクリーンショット『ボーン・アイデンティティー』/映画のスクリーンショット

 映画製作者は続編ボーン・スプレマシーで、この間違いを直そうとしたようだが、またミスが出てしまった。名前に‘I’(И)の音が一つ余計に入ってしまったのだ。それで、Kiniaevではなく、Kiniyaevとなった。モスクワの表記も相変わらず、Moscowではなく“Moscou”だ(1時間18分)

『ボーン・スプレマシー』/映画のスクリーンショット『ボーン・スプレマシー』/映画のスクリーンショット

 

3. 『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005

 『ファンタスティック・フォー』の製作者は、船の名前もファンタスティックなのを見つけた。「足指の先っぽ(Головка пальца ноги)」号というのだ。(1時間37分)

『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』/映画のスクリーンショット『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』/映画のスクリーンショット

 

4.『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(2013

 アメリカでは、道路標識に街の人口も書いてあるところがあるが、ロシアとウクライナにはそんな慣習はない。ところが、「プリピャチ、人口5万人」という標識が出てくる。(1時間2分38秒)

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』/映画のスクリーンショット『ダイ・ハード/ラスト・デイ』/映画のスクリーンショット

5. アイアンマン2』(2010

 ロシア的要素は、このスーパーヒーロー映画に不可欠だが、シナリオライターがロシア語を話すアドバイザーを抱えていなかったことは確か。例えば、「ライブ」が「今(Теперь)」と表示される。(54秒、17分18秒)。さらに、「米国上院議員のトニー・スタークへの質問」の代わりに、「上院議員の質問トニー・スターク」となっている。

『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット

 悪玉のロボット部隊が、展示会の来場者を狙ったとき、スクリーンには「ターゲット」と表示され、そこに次のような、意味不明なロシア語が出てくる。「書類に記載された参考文献に基づいて通過を禁止する(запрещает проход по ссылкамимеющимся в документе)」(1時間39分)

『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット

 それに続けて次のようなロシア語が――。「書類に記載された参考文献に基づいて通過を許可する(разрешает проход по ссылкамимеющимся в документе)」

『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット『アイアンマン2』/映画のスクリーンショット

 

6. ロックンローラ』(2008

 ガイ・リッチー監督の世界では、ロシアの新興財閥(オリガルヒ)は、商談だけでビジネスをやっているわけではない。ところで、英語の字幕は、“ロシアの”俳優のセリフと一致しないことがよくある。例えば、「この蛇を見守ってほしい」というセリフは、「あなたと皇帝が彼女を見守ってほしい」と訳されていた。さて、どんな皇帝だろう?(49分)

『ロックンローラ』/映画のスクリーンショット『ロックンローラ』/映画のスクリーンショット

 

7. 『ソルト』(2010

 もちろん、ロシアのゴージャスな女性エージェントに関する映画を作るとなれば、プロデューサーたちが、キリル文字の書いてあるものなら何でもかんでも加えたかったのは分かる。だが、彼女は本当にCIAの机の上に、「チェチェン戦争に参加」なんて書いてあるペナントを置いておく必要があったのだろうか?まさか?…そうなると、彼女の家にマリョーシカとバラライカがなかったのが不思議だ。(5分26秒)

『ソルト』/映画のスクリーンショット『ソルト』/映画のスクリーンショット

 オルロフにも問題がある。父称がワシーリエヴィチではなく、ワシリーになっている。(9分11 秒)

『ソルト』/映画のスクリーンショット『ソルト』/映画のスクリーンショット

 

8. 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011

 ハリウッドはいまだに、ロシア語を話すアドバイザーを雇わないでお金を節約するようだ。 セキュリティモニタのタイトルは、単にランダムに文字が並んでいるだけ。(4分28秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 映画では今は2011年なのに、モスクワ都心には古い公衆電話がある。ソ連時代の2コペイカ貨幣で使うタイプだ。(17分45秒、19分38秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 ところがこの古びた公衆電話は、秘密通信用のデバイスに変わり、トム・クルーズ演じる主人公に、「アナトリー・フョードロフ」という名前が記された、ロシアの身分証明書をモニターで示す。これが、彼がクレムリンに侵入するのに役立つ。(18分37秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 ところがクレムリンでは、なぜか彼は、アレクサンドル・サモフヴァロフと名乗っている。(22分49秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 ここでまたもや、わが母なるロシアからニュース!誰か、 “Red Schuare“(Ред Счуаре)って何か知ってる?(36分25秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 すべての秘密のスーツケースに、「ロシアの核弾頭の状態」なんて記してあるものだろうか?そんなのなくてもよかったのでは?

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 ロシアのアルファベットは33文字だが、ある悪役のキーボードには29文字しかない。(1時間49分18秒)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』/映画のスクリーンショット

 

9.ジョン・ウィック』(2014

 この間違い探しのリストは、このスリラーで終わる。ロシアのマフィアが主人公ウィックを「バーバ・ヤガー」と呼んでいるのはなぜだろう?主人公の殺し屋のニックネームが「バーバ・ヤガー」とは!これは、森に住んでいて、子供を食べる、古いおとぎ話の魔女なのだ。

『ジョン・ウィック』/映画のスクリーンショット『ジョン・ウィック』/映画のスクリーンショット

 他にミスはなかったかな?下にコメントを書いてください!

もっと読む:スパイ映画のロシアの悪役12人>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!