「不思議惑星キン・ザ・ザ」30周年

写真提供:kinopoisk.ru
 成熟した叙情喜劇を制作していたソ連の映画監督が1980年代、自分自身にとっても、ソ連映画のSFジャンルにとっても意外な映画を撮影することを決めた。完成した作品は見事な風刺映画となり、30年経過した今もなお、多くの人が時代に合うと考えている。

ソ連映画界におけるSF作品

 世界が「スター・ウォーズ」と「マッドマックス」(これらの映画のディストピアな砂漠の風景は「不思議惑星キン・ザ・ザ」にも影響を与えている)を見ていた時、ソ連の映画界はSF作品をさほど多く制作していなかった。1980年代、ソ連、少なくとも若い世代は、「困難を乗り越えて星へ」を見ていた。これはジャンルのゆるさから、ソ連の共産党や政府の怒りに触れるのではないかという不安なしに、独裁的なユートピア文明を描いている作品である。

 ゲオルギー・ダネリヤ監督がこの「若者」映画を撮影した時、すでに50歳を超えていた。後のインタビューや自身の著書「乾杯の音頭を取る人は一気する」(2006)で、ダネリヤ監督は「よくある質問」の撮影の詳細について語っている。「不思議惑星キン・ザ・ザ」(社会的類似性および陰謀説の初期の源の一つとなった映画)は、モスクワを訪れていたイタリアの脚本家トニーノ・グエッラと監督が話をしていた時に生まれた。監督が、若者向けにどのような映画を撮影すべきかと聞いたところ、グエッラは、太陽と炎熱を感じるような空想モノをつくってはどうか、冬が半年続く国では成功するのではないかと答えた。

 

あらすじと俳優、スタッフ

 映画のあらすじはこうだ。作業監督のウラジーミル・ニコラエヴィチ・マシコフ(スタニスラフ・リュプシン)が妻に頼まれ、マカロニとパンを買いに新アルバート通りに行く。そこで学生のゲデヴァン(レヴァン・ガブリアゼ)、裸足の宇宙人旅行者(アナトリー・セレンコ)と出会う。この旅行者のせいで、砂漠の惑星に迷い込んでしまい、惑星の住民のウエファ(エヴゲニー・レオノフ)とビー(ユーリ・ヤコヴレフ)に、地球に戻る手伝いをしてくれと頼む。

 この映画には「たまたまそこにいた人」が多く出演しており、内輪の映画とも言える。俳優のロラン・ブィコフがスケジュールを理由に拒んだ役は、映画の製作責任者が演じている(マシコフの家のシーンは製作責任者の自宅で撮影されている)。また、この映画の照明担当および美術担当も出演しているし、マシコフの妻を演じているのはダネリヤ監督夫人で第二監督のガリーナ・ダネリヤユルコワだ。プロデューサー自身も、俳優のセルゲイ・ボンダルチュクやインノケンチー・スモクトゥノフスキーに連絡を取れなかったために、アブラドクスを演じている。

写真提供:kinopoisk.ru写真提供:kinopoisk.ru

映画の数奇な運命

 ソ連の現実はこの映画の撮影に影響を与えた。当時、反アルコール・キャンペーンが宣言されていたため、ゲデヴァンが持っていたチャチャ(度数の高いグルジア蒸留酒)を酢に変えなくてはならなくなった。宇宙の警察の制服には、ソ連で入手できなかった鮮明なランプを200個つけることになっていた。ダネリヤ監督は当時のソ連共産党モスクワ市委員会のヴィクトル・グリシン第一書記長に、ランプの調達の支援を要請したが、支援を受けることはできなかった。そしてグリシンの後でモスクワ市委員会の第一書記長に就任したボリス・エリツィンを説得することとなった。監督は、このランプの一件でエリツィンが就任することになったのだと説明したという。そしてエリツィンから支援を受けた。

 「不思議惑星キン・ザ・ザ」は1986年12月1日、映画館で公開された。1570万人が見たが、当時の動員数としては多くない。1987年に興行収入で14位に浮上した程度である。その後、伝説的な映画によくあるように、この映画はおもしろい運命をたどる。映画で使われた造語が国民の間で流行したのである。2008年、映画の歌が「スニッカーズ」のCMソングに使われた。2013年にはダネリヤ監督が参加した、アニメ版リメイク「クー!キン・ザ・ザ」が公開された。また、この映画の影響の大きさをはかることのできるエピソードもある。2010年に全ロシア国勢調査が行われた際、クルスク州の住民の一部が自分の民族を「パツァク」と記載したのである(映画にでてくる架空の惑星の住民が「パツァック」と呼ばれている)。映画公開から長い年月が経過してもなお、人々は自分たちのことを、映画ではなく、現実で、ダネリヤ監督の世界に暮らす住人と考え続けているのである。