ロシア人がトボロークにこだわる理由

トボローク・パイ=

トボローク・パイ=

ヴィクトリア・ドレイ撮影
 トボロークボール、クリーミーなザペカンカ、おばあちゃん味の特製パイ――。聞いたことはないけれど、間違いなく病みつきになるロシア風カッテージチーズを使った3つのレシピ。

トボローク・パイ=ヴィクトリア・ドレイ撮影トボローク・パイ=ヴィクトリア・ドレイ撮影

 私が好きなペストリーには、生地か詰めもののいずれかに必ずトボロークが入っている。おそらくロシア人なら誰でもトボロークが大好物だろう。これは、巨大なコンロでサワーミルクから作っていた古代ルーシでも日常的な食品だった。 

 19世紀までは、トボロークと「チーズ」は明確に区別されていなかった。トボロークが使われているすべての料理には、チーズが入っているとみなされていたからだ。だが、チーズの生産が高度に発達した19世紀半ばになると、トボロークはようやく別の食品と分類されるようになった。

 今日、トボロークを使ったレシピは、伝統的なものから現代的なものも含めて何百種類もある。ここでは、ペストリーにトボロークを使う、オリジナルで簡単なバリエーションのレシピを3つご紹介しよう。

 

トボローク入りのクリーミーなザペカンカ

 これはとても簡単に作ることができ、一番おいしい朝食の一つで、エネルギーたっぷりなので一日をいい気分で過ごすことができる。

ヴィクトリア・ドレイヴィクトリア・ドレイ

材料:

  • トボローク、200g
  • サワークリーム、100g
  • 卵、1〜2個
  • セモリナ、大さじ2
  • 砂糖、大さじ2
  • バター、小片
  • 塩、一つまみ
  • バニラ、一つまみ

 

作り方:

1. サワークリームを2つの等しい量に分ける。セモリナを片方のサワークリームに入れ、15分ほど発酵させる。

2. 次にトボローク、卵、砂糖、バニラ、塩とサワークリームをセモリナとボウルで混ぜ、よくかき混ぜる。

3. ベーキングパンにバターを塗り、セモリナ粉を軽くまぶす。生地をパンに入れ、残りのサワークリームで表面を覆う。180°Cで30〜40分ほど焼き、冷ましてからコンデンスミルク、サワーミルクやベリーと一緒に盛り付けする。

 

調理時間:45分

 

トボロークボールのケシソースかけ

 これは短時間で簡単にでき、家族やお友だちに素敵なデザートをご馳走するのにぴったりだ。濃厚なポピードレッシングがかかったこれらのクリーミーなボールを食べれば、誰でも顔がほころぶことだろう。

ヴィクトリア・ドレイ撮影ヴィクトリア・ドレイ撮影

生地の材料:

  • トボローク、200g
  • 大きめの卵、1個
  • 砂糖、大さじ2
  • 膨らし粉の入っていない小麦粉、大さじ3〜5
  • ベーキングソーダ、一つまみ
  • 塩、一つまみ
  • バニラ、一つまみ
  • 揚げるのに使う油

 

ソースの材料:

  • サワークリーム、200g
  • ケシの実、50g
  • 粉砂糖

 

作り方:

1. ボールの材料を大型のボウルに入れ、適切にブレンドさせる。

2. ペストリーを12〜15個のボールに分割し、高温の油で揚げる。

3. ソースを作るには、まずケシの実を熱いお湯に入れて15分間そのままにしておく。

4. 次に水を切り、ケシの実、サワークリーム、粉砂糖を鍋に入れて沸騰するまで火を通す。

5. トボロークのボールにソースをかけ、温かい状態で盛り付ける。

より濃厚な味が好みなら、ソースと一緒に準備したボールをオーブンで7〜10分間調理することも可能だ。

 

調理時間:30分

 

おばあちゃん特製のトボローク・パイ

 このレシピは父がまだ小さかった頃、私の祖母が考案したもので、今や私の家族の幼い世代の大好物になっている。

ヴィクトリア・ドレイ撮影ヴィクトリア・ドレイ撮影

材料:

  • トボローク、200g
  • 卵、2〜3個
  • バター、180g
  • 砂糖、大さじ3〜4
  • 膨らし粉の入っていない小麦粉、グラス2杯程度
  • 塩、小さじ1
  • ベーキングパウダー、大きな一つまみ
  • 粉砂糖
  • 詰めもの用の好みの果物やベリー

 

作り方:

1. トボローク、なめらかな状態にしたバター、砂糖と塩をかき混ぜる。卵を加えて混ぜる。

2. 次に膨らし粉の入っていない小麦粉とベーキングパウダーをふるいにかけ、それを使ってペストリーを作る。厚めだが、なめらかな感触になっているようにする。ペストリーを冷蔵庫で30分ほど寝かせ、その間に詰めものを作る。

3. お好みの果物やベリー (ここではリンゴとクランベリーを使う) を切り、粉砂糖をふりかける。

4. 次にベーキングパンでパイ型を作り、詰めものを入れ、190°Cで30〜40分ほど焼く。

 パイを冷まし、粉砂糖をまぶし、バニラアイスクリームを添えて盛り付ける。

 

調理時間:1時間半

もっと読む: