モスクワ歴史博物館の「特別庫」に眠る秘宝10選(写真特集)

 赤の広場の博物館の「特別庫」には、それぞれの時代の宝石職人がロシア皇族と貴族のために作ったユニークな宝飾品が保管されている。

 1905年、モスクワ歴史博物館に宝飾品を保管する「特別庫」が作られた。ここには皇帝や皇族の個人の所有物、宝飾品、勲章、教会の什器備品、金や銀で縁取られたイコンなど、計27000点以上の品が置かれている。これらの所蔵品は唯一無二の歴史的価値を持つだけでなく、世界レベルの宝飾品芸術の傑作でもある。その中には、皇族や貴族御用達の宝飾品工房「ファベルジェ」「ボリン」「サジコフ」「フレブニコフ」「オフチンニコフ」などの一流職人の作品がある。また、ヨーロッパの名高い宝石職人の作品も収められている。

 貴金属と貴石でできた宝飾品の傑作をいくつかご覧に入れよう。

1. ブローチ、ペテルブルク、1880年代

2. ブローチ、モスクワ、19世紀末

3. ブローチ、モスクワ、1890-98年

4. かぶり物用の装飾品、アルハンゲリスク、17世紀

5. カフス・ブレスレット、チチェレフ社、モスクワ、19世紀第4四半世紀

6. メダル・ブローチ、チチェレフ社、モスクワ、1880年代

7. コップ、E・シュラム工房、サンクトペテルブルク、1890年代

8. 懐中時計、フランス、パリ、18世紀末

9. 王冠、スウェーデン、17-18世紀

10. 木製の基部を持つカップ、18世紀第1四半世紀

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる