フョードル・ドストエフスキーのサンクトペテルブルクを感じられる写真10選

Valery Degtyaryov
 現役で活動する高齢のペテルブルクの写真家が収めた街の隠れた一角。

 写真家のワレリー・デグチャレフさん(1937年生まれ)は1969年から写真家として活動している。綿密な都市設計に基づいた古いペテルブルクの「巧妙な美しさ」に常にインスピレーションを受けてきた。

 デグチャレフさんがレンズを向けるのは、ペテルブルク独特の迷路のように入り組んだ中庭を歩いたときに出会うひっそりとした一角である。この街をよく知っている人でも、彼の意外な視点で捉えられた景色には驚くはずである。

 またさまざまな年代に撮影されたこの「巧妙に作られた都市」シリーズは、フョードル・ドストエフスキーが見たであろう陰鬱で神秘的な雰囲気を感じさせる。

タイタニック、2005年
 旋回、1999年
逆さまの世界、2000年
光に向かって、2002年
アポカリプシス、2007年
時間のつながり、 2008年
白黒、2008年
リズム、2008年
小鳩、2000年
日常、2002年

 写真展「巧妙に作られた都市」はサンクトペテルブルクの「ロスフォト」センター2021220日から開幕。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる