ロシアの絵画に描かれる白樺(画像特集)

Tretyakov Gallery
 白樺はロシアの重要な樹木で、ロシアの心を表す真のシンボルである。ふわふわとした葉をつけた夏の白樺も、葉を落とした冬の白樺も、どちらも同様に、どんなときもロシアの芸術家たちの心を震わせた。

アレクセイ・サヴラソフ 「ミヤマガラスの飛来」 1871年
イワン・シーシキン 「白樺の森」 1878年
アルヒープ・クインジ 「白樺林」 1879年 

イサーク・レヴィタン  「白樺林」 1885–1889年 
イリヤ・レーピン 「白樺、晴れた日」 
エフィム・ヴォルコフ 「黄金の秋―静かな小川」 1893年 
ミハイル・ネステロフ 「2つの調和」 1905年
ピョートル・ペトロヴィチェフ 「白樺」 1907年
コンスタンチン・ユオン 「3月の太陽」 1915年
ワシーリー・バクシェーエフ 「青い春」 1930年 
ピョートル・コンチャロフスキー  「春の日」 1955年
ニコライ・アノーヒン 「冬、酷寒と太陽」 1999年

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる